071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

category :ロケ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【募集】24時間映画制作

2444.jpg

『24時間映画製作』を行います。
本もなんもナシのゼロスタートで、
24時間でショートフィルムつくろうじゃん、というものです。

■日時:3/7(水)・8(木)
■開催地:いわき
■参加資格・料金:一切ナシ
■準備物:一切ナシ

■流れ
3/7
1000 いわき集合
 (場所詳細未定 少人数なら風見映像スタジオ。うち。大人数なら場所とります。)
・制作作品の『お題』をツイッターで募集。
 最速レスの2件をお題とする。
・お題をもとに脚本制作
・キャスティング・スタッフィング
・小道具・衣装等準備
・ロケハン
・コンテ作成
・ロケ
2200 とりあえず解散

3/8
0900 いわき集合 制作再開
・残りロケとか
・編集とか
・色々あって
2100 完成 上映会 終了

ざっくばらんとしていますがこれ以上説明しようがないもので。
ゼロスタートですから!

※24時間といいつつ、今回は7日に一旦〆て解散し、8日に再集合します。
 高校生いるもので。
※東京から車が1台(3人まで)出ます。出発時刻は未定。相談の上決定。
※制作費的なものは基本私がもちますが、ものによってはワリカンになるかもしれません。
 大抵私持ちで済むと思いますが、予算度外視でどうしてもこれをやりたい!
 と押し切る場合はあなたもちで、と。
※7日羽賀宅泊まれます。なんなら8日も泊まれます。
※全日程フルでの参加が望ましいですが、途中参加・途中脱退も歓迎です。

■参加表明は at-kazami@ezweb.ne.jp 羽賀まで


『映画は段取り7割』とかなんとか言われる映画制作で、
この『24』企画はそのへんを大分はしょってしまう強行軍企画ですが、
まあ映画制作の一連の流れはある程度抑えられるかなと。
初心者さん歓迎です。

まあお祭り企画なので、プロっぽさとかは求めないで下さい。
既に参加表明頂いてる方の中にはまったくの完全初心者さんもおりまして、
レクチャー的意味合いも多少なりともありますので、
現場の進行の遅さ等製作技術的に粗い部分も予想されます。
でも遊びのつもりもありません。
ちゃんとしたショートフィルムにする気で全力でやるつもりです。

通常の映画制作であればスケジュール都合で
全スタッフが集う現場なんてそうそうあるものでもありませんが、
この『24』においては最初から最後まで常に全員参加の全速前進ですよ。
スタッフ兼出演なんて当たり前。
ほら、野球とかでもよく『全員野球』とか言うじゃないですか。
これも『全員映画制作』ですよ。
『私出演だから製作的なことなんも手伝いませんけど』なんてことは許されません。
そんな奴は来んな。

まーこの強行軍ですから辛いこともあるでしょう。
時間的なプレッシャーをはじめ、現場内での衝突やら
準備不足によるハプニングやら、
はたまた現場内恋愛による三角四角関係(今回はあるのか?)等々。
しかし24時間を共にし、完成作品を観た時には、
それはまあ爽やかな風が参加者間に吹き抜け充実した感じになることが予想されます。

映画を机上で語るな、とりあえず動け、現場出ろ、現場体験しろ、
といった具合で皆様の参加を心待ちにしております。

ちなみに前回、第1回いわきぼうけん映画祭内でやったときの作品はこちら↓
<いわきぼうけん映画祭 24>
スポンサーサイト

【ロケ】そうよあたいは攻める弁慶

基本的に逃げの姿勢は嫌いだ。
守りになんか入ってられるかっつーの。
あたいはねぇ、役者らの最高の芝居を、声を撮る(録る)ためには
ギリギリの極限までつっこんでやるんだよっ!


どうも、普段自主映画では監督やってるKAZAMIです。
が。
今日はなんと、『弁慶』として他チームの応援にいってきました。

一言、弁慶ムズー!

普段は自分で監督兼カメラをやってまして、
弁慶(録音)は頼りがいのある職人に任せているわけですが、
今回は完全に私がその弁慶ポジション。

冒頭でも熱くそしてポエミィに叫び散らしましたが、
基本的に撮影・録音に関しては私は攻めの姿勢です。
激・攻めです。
テレビでも車のVPでも、勿論映画でもそう。

ちょっと武勇伝調で申し訳ないんですが。

テレビのときは。
『密着警察24時』みたいな番組やってた時は、
ヤクザに絡まれる程事件に足を突っ込んでしまった…。

最近頻繁にもらう車のVPの撮影では、
高速で身体6割乗り出して、シートに足を突っ掛けた姿勢で併走撮影したり…。

というようなスタンスでやってるのですよ。

ゆえに今回の現場の弁慶でも、
マイクを、1mmでも役者の口に近く! 極限まで滑らかなフォロー!
を心掛けてやっていたのです。

したら。

監督「ごめんマイク入ってる」
多発。

うわお、弁慶むずいぜ…。
これを私は普段、平気で「マイク遠いよ全然音とれてねーよどこに向けてんだよ」
とか言ってたわけか。ひでーなおい。

ごめんね弁慶。
あたいも頑張るから、またよろしくね。

しかしまあ、普段自分で撮影した素材を自分で編集していると、
大体どんな音が録れてるか想像がつくんですよ。
ヘッドホンでモニタリングしてなくても。
「あー、この位置じゃ後ろの車ノイズに負けてセリフ聞こえてねぇよな」とか。
だから私は、攻める!
うまく攻める!
反省していないように見えて、実は反省してる!


反省、具体的に言うと、
・まず弁慶にフレームサイズの違いを覚えてもらう(もう大体覚えてると思うけど)
・弁慶に、カット毎のコンテ(主にフレームサイズ)を伝える
 コンテが明確でないと、弁慶もきょどる。
・そんとき使っているレンズも伝えておくとスムーズな気がする。
 うちのcanonショートズームとかめっちゃ画角広いし。
・テスト中に芝居・音量等は勿論のこと、マイクの突っ込み具合も見ておく
本番でのマイク突っ込みすぎNGはやっちまった感満載。役者のテンションめっちゃ下がる。
上記3点。

【ロケ】白紅 クランクアップ

終わりました。
1発OK多発の、『後が怖い』進め方をしていましたが、
132カット+当日私の中で突発的に追加した数カット、
ノイズ等のトラブルなしのオール生き素材げっつ。
よくぞ生き残った。

まずはざっとレポ。


■S46 いわき 阿弥陀神社脇道
46.jpg
細道で何やら睨み合っている様子。
奥は清川村村民・トラで、手前は……?

46-2.jpg
刀に手をかけやがった! やる気か?
村人相手に容赦ねぇなこいつら!


■S45・48 いわき 阿弥陀神社
45.jpg
もはやおなじみの神社。
村人らが慌しい様子。

46-3.jpg
なんか来た。
さっきの奴らでは。

48.jpg
前に出る主人公・すみ。
知り合いか何かか。

48-2.jpg
おっと、すみを囲むような陣。
ロマサガにありそうなフォーメーション。

48-5.jpg
一触即発。
敵もやる気。

48-4.jpg
ボコボコにされる清十郎。
がむしゃらな男ってかっけぇ。

48-9.jpg
すみ、トランス。
目覚めさせちゃいましたよ。
敵さん、やばいよ逃げて。

まずはスクリーンショットのみサラっと。
作品中一番の見せ場なので、ネタばらし的なコメントを控えてみました。

つづく。

【ロケ】6/6 村民集合系 その2

■S9 阿弥陀神社 寄り合い
お次は私の地元の阿弥陀神社。
実は今回のロケはこの神社の許可取りに不安要素がありました。

①この地区の区長さんが任期を終えて代わった。
②神社の中の仏像が市の無形文化財認定された。

①の区長さんの交代。
そりゃ2年もロケやってりゃ、その間に交代があっても不思議ではない。
次の区長さんが超気難しい人だったらどうしよう……。
農家の人ってガンコオヤジっぽい人多そうだし。
映画の撮影とか遊びに映るかもしれないし…。
所詮映画なんて第3次産業だし…。

結果→今回の区長さんも話のわかる人だった。あぶねぇあぶねぇ。感謝!

②無形文化財だかなんだかに指定とかされちゃうとまた面倒なことになるのでは。
市とか絡んできますよ。
また企画書からつくって2週間とかかけて許可取りしなけりゃならんのか。
いや、それで許可取れるんならいいけど、「貴重なもんだから撮っちゃダメ!」
となったらどうすんだ…。

結果→区長さんにお願いしたら超絶歓迎ムードでOK。「じゃんじゃん写せ!」。

いや、今回は運が良かっただけ。
こんな製作スケジュールは本来やっちゃいけない。


そんなこんなでお次、村の神社にて若勢・娘組の寄り合い。

21-6.jpg

私、基本嘘を押し通すのって苦手なんですよ。
言わなきゃバレないのに、心苦しいから言っちゃう。
だから言っちゃう。
このシーンの前のシーンは、一昨年の10月ロケ(曇り)でしたぁ。
ウワォ、緑フッサフサ!
日の照り具合が明らかに初夏!
コントラスト激しい!

これはこのブログを読んだ人だけの秘密です。
内緒だぞ★

まあ見りゃバレる話ですが。
シーン間の時間経過カットでどうにか調整せねば。

21-8.jpg

前に立つ、頭の清十郎と巴。

清十郎「今日はお疲れっした~。寄り合いはじめます。
 聞いた話によると、新政府軍と幕府軍の戦が東に-」

21-7.jpg

若勢ら
「政府って何?」
「東ってどっち?」
「戦っつーか俺らは米作りの方が大事じゃん」
「腹減った帰っていい?」

清川村、のどかです。


■S49 日常風景
今度は北茨城に飛びまして、葬式シーンをやった田んぼ道付近。
北茨城市富士ヶ丘稲作研究会の皆さん、毎度お世話になります。

21-17.jpg

※足跡は断じて撮影隊のものではありません。

21-16.jpg

汗をかき泥にまみれ田植えを終え、充実のひととき。


■S44 惨殺現場
その一方で悲劇的現場が……。

21-14.jpg



今回の撮影は驚異的なスピードで終了しました。
これも役者の皆さんのお陰です。
このエントリーには載せていませんが、
撮りなおしとなったS10(待ってよすみさま)とか素晴らしいですね。
天気も良かったので一発OK多発しちゃいました。

今回のアップ、村人では一番乗りの真琴さんお疲れっした!
仕事が忙しそうだけど、是非次回の現場にも助監的ポジションで来てくれると
非常に助かるんだけどそう無理も言えないか。

次回の最終ロケは8月となりそうです。
クランクアップです。作品としての。
つまりは出演者も全員アップ。
虫対策頑張ります。

【ロケ】6/6 村民集合系 その1

梅雨? お前が出てくるにはまだ早い。
いわきじゃロケ日の前日にはヒョウが降ってましたけど?
ヒョウなんぞ食らい付けてくれるわ!
6/6は晴天なり。

21-4.jpg

毎回なんですけど、監督の私は当然全日程に参加しているわけで、
ロケの間が空くといっても3ヶ月とかなのですが、
出演者にとっては1年ぶり、というメンバーも。
とりあえず朝は「久しぶり!」「元気にしてた?」「大きくなったねぇ」トークに花が咲きます。

さて、本日の撮影はこれまでキャンセルキャンセルで、
去年3月8日からスケジュールが泣きたいくらいに合わなかったスケジュールです。


■S3 巴対権太
1発目、いわき市勿来町の誇る国魂(くにたま)神社、裏道にて。

21-2.jpg

おっと、いきなりバトル勃発。
画面下手は清川村の肝っ玉ねえさん・巴、上手は緑を愛する大自然の守護者・権太。
何で戦っているのか。
おやつの取り合いでもしているんでしょうか。

さて、勝負の行方は……。

21-3.jpg

おーーーーっと、刀が吹っ飛んだァァァァァァァァ!!
(キャプテン翼の実況風)

どちらの刀が飛んだのか。

21-13.jpg

お楽しみで!
(’ー’bグッ

続く

近況

いわき市『非』公認のご当地ヒーロー映画『磐城七浜 ワダツミセブン』第4話制作開始。(2017年1月)

プロフィール

KAZAMI/羽賀慎一郎

Author:KAZAMI/羽賀慎一郎
風見映像スタジオ代表。
いわき市非公認ご当地ヒーロー映画『磐城七浜ワダツミセブン』監督・脚本・編集・プロデューサー。

福島いわきを拠点とし、市民参加型映画製作をしています。
人の生理に訴えかけられるような作品づくりが目標です。作品を通して、観て頂いた方々に、正のものであれ負のものであれ、何らかのEMOTIONを喚起できれば幸いです。

■いわき市非公認ヒーロー映画「磐城七浜ワダツミセブン」過去作品動画まとめページは<こちら>
ワダツミセブン公式サイトは<こちら>

■第2回いわきぼうけん映画祭実行委員会製作作品『R』、2013年2月完成。
まとめページは<こちら>

■2011年製作 自主映画『白薔薇が紅に染まるまで』まとめページは<こちら>
動画まとめページは<こちら>

■風見映像スタジオは『いわきぼうけん映画祭』を熱烈に応援しています。
<いわきぼうけん映画祭公式サイト>

■香盤表・ロケスケのテンプレのダウンロードは<こちら>

■コンタクトは下記メールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。