061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

date :2009年07月

【ロケスケ】8/8、9 葬式ストレート、宇宙岩

【広報&確認用】
以下のようなスケジュールでロケを行います。
ギャラリー歓迎! 飛び込みEX歓迎! …いやEXは事前連絡が欲しいです!

一言で言うと、
8/9、午前10時30分から、いわき三和の宇宙岩(一本山毛欅)付近の牧草地(正式名称:館下牧野)でロケします、ということです。

地図はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも皆様こんにちは。東北はまだ梅雨明けしてないんですよコレ。
じめっとして欝っぽくて、まるで私の性格のようで嫌になってしまいますねもう。

8/8、9のロケスケをお知らせします。

■8/8(土)
・東京組【寺内、新留、菊地】 0830 新宿 例のダイコクドラッグ集合
 →1100いわき着 ロケ:S50.5
 →羽賀実家泊まり

■8/9(日)
・いわき組【高木、瀬谷】 0800 羽賀実家集合(前日うちに泊まってくれても勿論OKよ)
・群馬組【戸田ファミリー】 0830 羽賀実家着
・東京組2【脇坂】 0900 勿来駅着(電車の時間はまた後ほど出します。ざっと調べた感じでは、早稲田を0615発でいけるようです)
→宇宙岩1000着予定

・EX【はっぱさん+6】(弁当、血のりよろしくお願いします。弁当着は1300予定で)
→宇宙岩直行 1000着
→1030 撮影開始 S54
→帰路:東京組は2300新宿着くらいの予定

こんな感じになっています。
今回はクレーン(撮影用特機じゃなくて、工事現場の)とか使っちゃう、かなーりやっちまった感満載のロケとなります。
よろしくお願いします
スポンサーサイト

【雑記】IWAKIといえば。

散々私の地元・いわきロケのある今企画。
スタッフ役者らを東京からいわきに連れて来ると、やはり出るのが
「いわきといえば何?」。

いわきと言えば……なんなんでしょう。
「地元に帰ってきたばかりなんで」なんて言い訳は通用しない。
がんばって考えてみます。

①スパリゾートハワイアンズ
映画『フラガール』の舞台になり一躍脚光を浴びた温泉&プールリゾート施設ですね。
なんと東京キー局でもCM打っちゃってたりします。ガンバッテマス。

②石炭・炭鉱系
フラガールとも繋がりますが、いわきって元炭鉱の町でもあるんですよね。
『石炭化石館』とかの博物館もあります。
炭鉱系の展示ばかりでなく、やんちゃ盛りの男の子の大好物!
恐竜(の化石)もたくさんいますよ!
そういや、『フタバスズキリュウ』は、
双葉という地区(あれはいわき?相馬?)のスズキさんが発見したからそう命名されたそうです。

③メヒカリ等 海系
小名浜港といういわきと世界の玄関口の港があるのですが、
これがまたちょいと特殊。
太平洋北からの海流『親潮』と南からの『黒潮』がぶつかる港なのです。
ぶつかるっつったって目に見えないんでしょー、とあなどるなかれ。
季節によっちゃ、エメラルドグリーンと藍色の海流が
見事に潮の境界線を作ってるのが目に見えて綺麗。
ちなみにメヒカリはいわきでしか捕れない魚だそうですが、
個人的には別段美味いと思ったことはありません(’’
あと、『東北の湘南』と市観光課的にはアピールしていますが、
サーファーもかなりいるようです。

……と、今までならこのような説明をしてました。
が、失礼ながら見事に忘れていたものが。

④FMXの聖地
FMXってのが、『フリースタイルモトクロス』で、
ダート系のバイクでラリーするんでなく、空中曲芸(?)をするもんです。
と言ってもまだまだマイナーですよねー。ですよねー。
しかしながら、いわき在住・出身のサトウエイゴ選手(世界的トッププレイヤーだったりします)
をはじめ、日本のFMX界をリードする面々が集う場所、それがいわきです。
文字通り遠方から引っ越してきて住んじゃってる選手とかいます。
やはり練習するにもジャンプ台とかコースとか色々あるようで、
そのへんの設備が充実しているそうで。
fmx.jpg


以上4点紹介しました。
さあ、これで更にいわきロケが楽しくなりますね!

……で、かなり私信ぽいですが、8/8の夜にそのFMXのイベントがまたあるんですよ。
8/8入りの役者諸氏、昼のロケ終わったら観に行きませんか?
なかなか見応えありますよん。

【雑記?】携帯故障中

只今携帯故障中です。
完全な故障ならたちがいいのですが(?)、動いたり動かなかったりと不完全な故障中です(という日本語はおかしい気がしますが)。

なのでメールが、打てなかったり、打てても平仮名がやたら多かったり、返信が遅れたりする可能性があります。
が、通話は正常にできます

なるべく早く修理するつもりですが、数日こんな状況が続きます。ご了承くださいませ。

【映像】コンテ書き

いよいよ8/9に控えたS54(作中一番の見せ場)のコンテ書いてます。

コンテというと『画コンテ』がまず頭に浮かぶと思いますが、
対するならば『文字コンテ』?というのもあります。
その二つの総称として、また、文字だけのを普通に『コンテ』と呼びます。

文字コンテを具体的に書いてみます。
黒文字が台本、赤文字がコンテとします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
すみ宅前、すみと清十郎が会話している。①すみ清十郎ヨコイチフル

すみ「だからお前はダメなんだよおばか!」②すみヨリ
清十郎「そんなぁすみさま~……もっと言って~」③清十郎ヨリ
すみ「ハァ? ちょーキモイんだけど、どっかいけ!うせろ!消えろ!」④すみヨリ

清十郎「あぁ、すみさま、大好きです!」、すみ「マジきもい!」等和やかな会話が続く。
それを竜蔵がいやらしい目つきで木陰から覗いている。
⑤木・竜蔵イレコミのすみ清十郎ヨコイチフル→ティルトアップ青空

※上のは架空のものです。今回の作品とは全く関係ありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

といった感じです。

で、画コンテというと…こんな感じです↓。
KC3D0433.jpg
※上のは架空のものではありませんが、多分見てもわからないと思います。

……絵心がないって大変!
基本的に『俺にしかわからない』画コンテです…。
大分前から、画コンテをプロの漫画家に書いてもらう、とかいう例もプロの世界ではあるようです。
会話のカットバックとかならいざ知らず、
アクションシーンなんかは文字コンテだけだとイメージが掴みにくいので有効ですね。

しかし今書いてる見せ場のコンテ、一番思い入れのあるシーンだけに、
適当な感動系BGM流しながら作業してるとそれだけで半泣きですよ…。
『自分がまず感動できないものに、他人・お客さんを感動させることなんてできるわけないじゃん』、
が持論なのでこのへんはヨシ。
そこで、自分の満足だけで終わらず、いかにお客にも伝えられるか、というのが、
エンターテイメントたる映画的なレベルが推し量られるところです。

さて、あとは役者の頑張り次第ってことで!
これ見てたら頑張れ!超期待してるから


■次回ロケメモ
・8/9 福島いわき三和 宇宙岩付近の草原(予定。市許可取り中)
・撮影S:54(確定)、50.5(8日に回すか?思索中)
・出演:すみ、孝之助、信乃、側近D、孝之助の姪・甥、EX6(野次馬町人)
・その他:高所作業関連準備、虫除け!テント!日よけ!

【募集 済】高所作業者

昨日募集をかけた高所作業車運転云々ですが、
ちょっぱやで解決しました。
情報をお寄せくださった皆様に熱・烈・感・謝、致します。

……しかしいわきに戻ってはや4ヶ月、これまでは『友人』コネしかなかったのが、
異様な速度で広がりを見せています。
地元力、恐るべし。
大したアクセス数もないのに、このブログというネットの力も恐るべし。

【募集】高所作業車運転技能者(『特別講習受講済み』高さ10M未満の車)

高所作業車運転可能な方のバイト募集です。
ちょいと今回初めて調べたもので言葉がよくわからないところがありますが、
高さ10M未満の高所作業車を操縦できる方』の募集です。
資格的には、『特別教育 高所作業車特別教育』を修了している方となります。

【日時】8/9(日) 半日? 終日?
【ギャラ】1万円 即日手渡し
【使用用途】映画撮影 1カットのみ
・撮影前日までに:レンタカー手続きの為、高所作業車特別教育資格のコピーを頂きます。
・当日:昼頃ロケ地(三和差塩)へ来て頂き、高所作業車を設置・操縦。
 高所作業車自体は既に現場に移動済みの状態にしてあります。

kousyo2.jpg


お知り合い等でもしこの資格をお持ちの方がいたら是非ともお知らせ下さい!

……でもこの『10M未満の~』の資格、
調べてみるに2日間の2万円弱の講習でとれるんですよね。
でも私が作業車のカゴに乗るもんだから、私がそれを取得してもちょっと意味がない。
でもまあ、それくらいでとれちゃうのならこれを機に特機資格マニアになるのも面白いカモ。

【雑記&TIPS】新撰組祭り 写真素材から人相書き作り

今年 5/28に板橋駅前で行われた、
『第7回滝野川新撰組祭り』のイベント記録DVDを編集中。

イベント記録って苦手なんですよ。
あまり私が演出的に介入する余地がないから。
いや全く演出しないかというとそういうわけでもなく、
DVDにする際の脚本(というか構成というか)を頭ん中につくって、
必要な画を見極めて…とか色々考えていることはいるのですが、
いかんせんそのイベント自体が面白くなければイベント記録DVDも面白くない。
「そこをどうにかして面白く見せるのが演出家でしょ!」
とか言われちゃうと困っちゃいます。そのへんは各々のスタイルでしょうね。
一時期ドキュメンタリーに関わっていたからなのかどうかはわかりませんが、
元あるものを、良くも悪くも変にいじるのはあまり好きじゃないのです。

……とか言ってると非常にネガなキブンでこの祭りの編集やってんの?
なんて思われそうですが。

今回の場合、「イベント自体が面白い」んだからそりゃ編集も面白いですよ!
今進行中の自主映画の時代劇の殺陣のセンセー率いる団体のパフォーマンスですから、
撮影から編集まで気合が入ります。

で。

休憩中に遊びで『集団指名手配書』風ポスターらしきものを作ってみる。
遊びポスター

なんかこの勇ましい顔ぶれを見ただけでも、気合の入った殺陣が見れそうなものじゃありませんか。
ほんと、素材がいいとものすごくモチベ上がりますね。

※名前も出してないし、顔もエフェクトかけていじってるからいいかなー、
と勝手に載せちゃいましたが、問題あったらお知らせ下さい。

【ロケ】6/29 千葉 房総のむら 町並み系

千葉ロケです。相変わらず梅雨です。
雨が心配です。降水確率が50%だったり60%だったりではっきりしません。

が!

前回に引き続き今回も「神風特攻晴れオヤジ(今命名)」が出演する現場なので心配ナシ!
・・・・・・いや、そういう慢心・油断が雨を呼んでしまうか……?
ならば適度にドキドキしておくとしよう。

したら。

ピーカン!!

ところで、『ピーカン』とは、『お天気超快晴』のことで、由来は諸説ありますが、
私の知るところでは「昔のタバコの缶ピースのパッケージが澄み渡るブルーで、
雲一つない空の色がまさにソレっぽかったから」というのがあります。
映画の現場って喫煙者率高そう(しかも強そうな銘柄で)ですしね。

閑話休題。

今回の現場、「千葉県立 房総のむら」。
ロケハンの項でも記しましたが、江戸後期~明治初期の町通り、
武家屋敷、農家、田んぼ、祭りぽい広場、など、
ここだけで時代劇ロケ全部いけるのでは…とさえ思わせる施設です。
といってもロケの為のセット、ではなく、あくまで屋外博物館。
ですので今回は休館日である月曜という平日のロケとなりました。

そうなんです。
平日なんです。

平日なのに仕事やらバイトやら学校やら休んでまで参加して下さった、
エキストラ・役者スタッフの皆さん、
また撮影上色々お世話になった房総のむら職員の皆様に熱烈感謝。

ではレポートを。

■S12 相馬中村藩の城下町の設定で
629-1.jpg
房総のむらのメインストリートにて、夕刻の町並み。

629-2.jpg
広場の看板には…おっと、この明らかに視聴者の目を引かせたいとばかりに
中心に貼ってあるのは……一体何ぞや?!
周囲の張り紙との作りこみ度合いが明らかに違う…!

中央の張り紙の似顔絵製作は、殺陣の指導でもお世話になっている幕末さん。
新選組滝野川隊 剣戟隊長のブログ
「幕末さんにとっての『ご馳走』は?」と尋ねたら、
「農民が贅沢しちゃった感じの食事…山盛りのご飯と茄子の漬物」という答えが。
なんかもうトムクルーズもビックリのラストサムライですよホント。


■S22 白河あたりの宿場町の設定で
629-3.jpg
村でつくったわらじやら野菜やらを売りさばきに来た信乃と真琴。
今で言うと、田舎の人間が新宿に仕事ついでに遊びに行く感じでしょうか。
ちなみにここは、上の相馬城下町設定のメインストリートの反対側の出口の画です。


■S53 町広場にて
629-4.jpg
何やら旅装束の信乃。広場が騒がしい。

629-5.jpg
ガヤから聞こえる「大野が…」「いや伊藤が…!」の声。
張り紙に見入る信乃。果たして一体何が書かれているのか。


しかし今回のロケで何がきついのって…。
この房総のむら、どこにあるの? と尋ねられれば、
答えは「千葉の成田空港の近くッスよ」。
そうなんです。
成田『国際』空港の傍なんです。
飛行機の音NG多っ!!
フィルムでオールアフレコ前提ならいざ知らず、
ビデオで同時録音で画と音撮っているうちの現場ではこれはキッツイ。
音待ちがなければこれ以上とないロケーションなのに…惜しい。

さて、残るところ撮影もあと5回となりました。
あと1回でクランクアップ、の役者さん多数続出
(真琴、巴、米子、伊藤一派全員、野武士)。
現在組んでいるスケジュールを消化しきったので、改めて次回ロケスケ組みです。
残りが、これがまたでかいシーンばかりで気合が入りますネ。

近況

いわき市『非』公認のご当地ヒーロー映画『磐城七浜 ワダツミセブン』第4話制作開始。(2017年1月)

プロフィール

KAZAMI/羽賀慎一郎

Author:KAZAMI/羽賀慎一郎
風見映像スタジオ代表。
いわき市非公認ご当地ヒーロー映画『磐城七浜ワダツミセブン』監督・脚本・編集・プロデューサー。

福島いわきを拠点とし、市民参加型映画製作をしています。
人の生理に訴えかけられるような作品づくりが目標です。作品を通して、観て頂いた方々に、正のものであれ負のものであれ、何らかのEMOTIONを喚起できれば幸いです。

■いわき市非公認ヒーロー映画「磐城七浜ワダツミセブン」過去作品動画まとめページは<こちら>
ワダツミセブン公式サイトは<こちら>

■第2回いわきぼうけん映画祭実行委員会製作作品『R』、2013年2月完成。
まとめページは<こちら>

■2011年製作 自主映画『白薔薇が紅に染まるまで』まとめページは<こちら>
動画まとめページは<こちら>

■風見映像スタジオは『いわきぼうけん映画祭』を熱烈に応援しています。
<いわきぼうけん映画祭公式サイト>

■香盤表・ロケスケのテンプレのダウンロードは<こちら>

■コンタクトは下記メールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード