091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

date :2009年10月

【雑記】3分が60分

ロケの後はこのブログのアクセス数もそこそこあって、
色々書くモチベになりますねぇ。

さて、表題の『3分が60分』。

現場での時間ってのはものっすごいシビアなものです。
役者からすればどうだか知りませんが、少なくとも製作・監督の私としては。
10分の遅れが、例えば天候的な面で言えば日が暮れ始めたり、雨が降り出したり…等。

今回の撮影でこんな一場面がありました。
S-41の誠士郎対用心棒戦。
殺陣の練習はこれまで十分…とは言えないまでも(上を見れば際限がないので)、
監督の私としてはOKなレベルにまでは達していました。
が、やはりロケ当日となると、環境の違い(足場やら、刀やら、周囲のギャラリーやら)で
同じ殺陣が出来なくなってしまう。
そこで入る殺陣指導。
やはり殺陣の先生としても、映像に残すものだと、指導に熱が入ります。

私「何分かかりますか?」
殺陣先生「3分下さい」
私「長い。1分で」

たった3分の殺陣指導、と思えばそれは文字通りたった3分なのですが、
後に控えた役者の皆さんを考えるに、その3分はただの3分じゃないんです。
今回は総勢21名のロケでしたが、
その3分×21人で、63分もの時間をロスすることになります。
厳密に言うとそんなことはないんですが、
21名を3分待たせる、というのは非常に重い事態です。

良い殺陣を、という気持ちは非常に有難く、
私としても思う存分納得いくまで指導してもらいたい。
が、身内のみの少人数ロケならともかく、
ゲスト十数名を控えさせた現場でそれは出来ません。本当に申し訳ない限りですが。
監督の思考、というよりかは、これは製作の思考でしょうか。
監督になりきれない監督……どうも情けない。
これが監督と製作が別なら、それはそれで現場内衝突が起こるところでしょう(笑

……なんか言い訳っぽくて恐縮ですが、
これからもよろしくお願いします。
難しいところなんですよね、こういうのってホント。

そんなわけなので、遅刻とかにはくれぐれもご注意下さい。
1分くらいだから、とか思わないで下さいネ。

……あ、キレてないです。念の為。
スポンサーサイト

【ロケ】10/25 伝承郷ラスト その2

■S-38 伝承郷 道
奥州白河藩・清川村の一大事。
何やら騒がしい。
……画面右手の手前にいるのは、主人公の清十郎では…?
一体及び腰で何をやっているのか。
w1.jpg

なんと! 村一番の器量良しの千代が、怪しい男たちに絡まれている!
w2.jpg

なんというタイミングか。うまい具合にそこへ通りがかる誠士郎とすみ。
誠士郎「一晩宿を借りたいんだが」
村民「ハ? この状況で何悠長なこといってるんだよ! アイツらを何とかしてくんちぇ!」
w3.jpg

悪漢「なんだオメー侍かぁ? やるってぇのかぁ?!」
こういうキャラクターは大抵の場合どうなるかというと…。
w4.jpg

誠士郎、かっこいいカット。
w5.jpg

村人からの喝采を浴びる誠士郎。
w6.jpg


■おまけ 伝承郷 猪狩家 清十郎のスト-キング現場をカメラが捉えた。
w7.jpg


毎度のことですが、今回のロケはいつにも増してたくさんの協力を頂きました。
出番が1シーンがないのに文句を言わず来てくれた関東組。
メイクやら小道具出しやら、専門外のことをこなしてくれた出演者。
おせおせの現場で(結果時間が余りましたが)全力で殺陣指導をしてくれた先生方。
相変わらずの晴れ男パワー。
少ないギャラで参加してくださったエキストラ(と言うのも憚られる)の役者の皆さん。
営業時間外にも関わらず露天風呂に入れてくれた旅館。
大勢の来客の中、結構大人しくしていたうちの犬。
そして、何かとフレキシブルに動いてくれた某巨漢。

一人、また一人とクランクアップしていく時期に来ている今日。
あと3回、うまく行けば2回のロケで今企画はオールアップとなります。
もうしばしお付き合い下さいませ。

■残りシーン
【勿来 阿弥陀神社】
S-3 巴 対 権太
9 寄り合い
10 待ってよすみさま(撮り直し)
インサート用若勢・娘組立ち画(個人・集合)
46 寅安対伊藤ら
45 祭りだワッショイ
48 決戦~すみトランス

【田】
49 若勢 日常

【未定】
12.5 先代伊藤対誠士郎

【勿来の関】
55.5 孝之助清川イン

【森】
51 戊辰戦争の最中 運命の再会
52 同上 2

【未定】
清十郎の思い出インサート数個

・・・・・・やっぱ4回くらいかかる気がしてきました(’’;

【ロケ】10/24、25 その1

今回24,25日のロケは、お蔭様で成功に終わりました。
どんぐらい成功かというと、スピード的な面で言えば、
『早く終わりすぎて空き時間にダレる』くらいスピーディーに終わりました。
・・・・・・こんなん初めてですよ。
まあ問題は撮影スピードではなく、撮れたモノはどうなのよ、というところですが…。

まずは24日撮影分から。

■S-36.5 ずり山(協力 柳生商事)
荒涼とした道で、すみと誠士郎の行く手を阻む者が…!
死闘の予感!
ちなみに誠士郎というのは、主人公・すみの兄です。
q1.jpg

刺客A「貴様、大野誠士郎だな!」
刺客B「先生の仇、覚悟せい!」
q2.jpg

誠士郎、無言で構える。すみもそれに倣う。
q3.jpg


そして死闘の結果……。


こうなった。
q5.jpg

……あ、これは本編の画じゃないや。あふん。



そして25日。
いわき市暮らしの伝承郷で行う最後のロケです。

再び歴戦の虎達の出番です。
毎度毎度お世話になっているエキストラTEAM 一山一家の、
そろそろ『レギュラー村人』の名前があってもいいくらいの方々が集結!
・・・・・・の前に、誠士郎とすみの前に新たな刺客が。


■S41 伝承郷 旧猪狩家前

刺客「貴様に恨みはないが、斬らせてもらう」
恨みを買いまくりの人生の誠士郎。
q9.jpg

実力は拮抗。
果たして勝負の行方は。
q10.jpg

ちなみにこの『刺客』が、大分前に記した『ドS』です。
ドSAMURAIです。居合いの先生です。
殺陣は初めてということでしたが、やはり基本が出来ているのか、
前日夜のたった3時間の稽古でも見事な殺陣を披露してくれました。
本編中で一番カッコイイ殺陣かもしれない。
いや、まだラストの大一番が残っているのでわかりません。


続きます。

滝野川新撰組祭りOP

掲載OKが出たので載せちゃいます。
毎年5月に板橋駅前で行われる、『滝野川新撰組祭り』のDVDのOP抜粋。



坂本竜馬暗殺の疑いをかけられ、新政府軍の追跡に遭う新撰組。
遂に板橋まで追い詰められ、現板橋駅東口で斬首の刑に処される…。

という近藤勇縁の地でのお祭りです。
今回の映像の中のパフォーマーが、滝野川新撰組というこの祭りの主役的グループ。
うちの映画の殺陣指導でお世話になっている、
なしプロ・剣の輪会のメンバーが中心となっています。

剣の輪会のボスのブログ

イベント記録DVDというと、とかく尺だけ長いダラッダラな映像を想像しますが
(少なくとも私にはそういうイメージがありますが)、
やはりせっかくつくるなら何度も見たくなるような、
そこそこのクオリティーのもんを作りたいものです。
いや、私の編集の腕云々の前に、被写体がカッコイイから・・・! ネ!

【募集】ちょい役出演者

昨日の日記に記した、10/25に行う、私の自主映画の撮影の出演者募集です。

■役柄:浪人(時代劇) 主人公たちに襲い掛かり、返り討ちに遭う
■年齢性別:年齢不問、男性のみ
■募集人数:3人
■日程:10/24(土)稽古・衣装合わせ、25(日)終日撮影
■場所:24日稽古場…未定
     25日撮影…いわき市暮らしの伝承郷(中央台 いわき公園内)
■演技経験:まったく不問!
■お礼:完成DVD(そこそこ綺麗に作ります)


普段は知人に直オファー、といくところをこの場で告知したのは
某SNSで企画中の『1週間で自主映画をつくるOFF』への
布石の意味も込めて、です。
皆さんのご参加、お待ちしております。

ご連絡はこちらまで adoelscentr@gmail.com


※25日撮影当日に加え、24日夜の殺陣稽古・衣装合わせ(1~2時間)
 にも参加できる方でお願いします。
※すんませんノーギャラです。弁当は出ます。

■作品概要
製作:自主映画製作サークル アトリエカザミ
タイトル:白薔薇が紅に染まるまで
テーマ:反戦! NO WAR!
公開予定:来年頭 平テアトル?アリオス?で無料で上映会開催予定

【ロケスケ】伝承郷ラスト

いわき市暮らしの伝承で行うロケスケ調整の為、伝承郷に電話してみる。

私「いつもお世話になります。撮影の件のご担当者様は…」
担当者さん「(開口一番)いーつ映画できんだよぉ~ッコノー、
み~んな楽しみにしてんだがらよォ~」

軽く不意打ちを食らったキブン…(笑
しかしそこまで期待して頂けるのは非常に有難いですねぇ。
『地域密着自主映画製作』を目指している身としては、
その第一歩を踏み出せた感アリです。

で完成予定日ですが、今回の企画は、
舞台などの役者サン半分、素人半分、の現場で、
これがまたなかなかスケ組みが難しく…。
当初の完成予定の11月、あ、もう目の前ですね。
おそらく、年内撮影終了、来年頭上映、になりそうです。
お待たせしてしまって申し訳ありません。


さて、ロケスケのお知らせです。

■10/24(土)
すみ×誠士郎 回想・旅系
・S36.3:【場所未定】旅路
・S37:【場所未定】旅路
・S36.5【場所未定】VS浪人2
→翌日の殺陣稽古

■10/25(日)
伝承郷ラスト 回想 すみ、誠士郎、千代、浪人5、村人6~8
・S38:【伝承郷 猪狩家前】千代救出大作戦 VS悪漢4
・S41:【猪狩家庭】誠士郎 対 浪人
・S42:【猪狩家内】病床の誠士郎


といった具合で撮影を行います。
よろしければ遊びにいらして下さい。

しかし毎度の事ながら、あれだけの施設で、
撮影使用料ナシ、普通の一般入場料(200円)のみ、
ってのは神がかってますね…。
いわき市スゲー。

【雑記】ハッキング

ってわけでもなく、突き詰めれば「ちゃんと管理してないのが悪いんじゃね?」
で終わることかもですが。

会社のPCで色々イタズラされました。
主にmixiで、私アカウントで変な書き込みがあったらソレです。
本当にすみません。

酔っ払いタチわりぃ。

近況

いわき市『非』公認のご当地ヒーロー映画『磐城七浜 ワダツミセブン』第4話制作開始。(2017年1月)

プロフィール

KAZAMI/羽賀慎一郎

Author:KAZAMI/羽賀慎一郎
風見映像スタジオ代表。
いわき市非公認ご当地ヒーロー映画『磐城七浜ワダツミセブン』監督・脚本・編集・プロデューサー。

福島いわきを拠点とし、市民参加型映画製作をしています。
人の生理に訴えかけられるような作品づくりが目標です。作品を通して、観て頂いた方々に、正のものであれ負のものであれ、何らかのEMOTIONを喚起できれば幸いです。

■いわき市非公認ヒーロー映画「磐城七浜ワダツミセブン」過去作品動画まとめページは<こちら>
ワダツミセブン公式サイトは<こちら>

■第2回いわきぼうけん映画祭実行委員会製作作品『R』、2013年2月完成。
まとめページは<こちら>

■2011年製作 自主映画『白薔薇が紅に染まるまで』まとめページは<こちら>
動画まとめページは<こちら>

■風見映像スタジオは『いわきぼうけん映画祭』を熱烈に応援しています。
<いわきぼうけん映画祭公式サイト>

■香盤表・ロケスケのテンプレのダウンロードは<こちら>

■コンタクトは下記メールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード