071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

date :2010年08月

アップ、その後。

もう何から書けばいいのかわからない状態ですが、
まずは当日参加の皆さん、ありがとうございました。

クランクインから2年か~。
ロケ回数的には18回しかないわけですが、うーん、長い。
2年あったら何が出来る。
生まれた赤ん坊は歩けるようになっているだろうし、
桜は2回も散ったり咲いたりしてしまう期間なわけですよ。
揃いも揃って、皆さん2才歳をとらせてしまいましたね。
2年という超ロングスパン、しかもロケの間が大分空いてのこの企画で、
最後まで降板ナシに撮影が終わったこと(後半強引なスケ組みはありましたが)、
もう本当に感謝の一言しかありません。


今回の企画の大きな問題は2点。
スケジューリングと移動手段(交通費)でした。

そのスケジューリング。
今回の出演者は、役者・役者志望の方々が3割、
一般のカタギ(笑)の方が7割くらいなんですが、
本業役者と一般市民のスケジュールは合わない!
本業役者同士のスケジュールも合わない!
という期間が続出。
2年もかかった一番の要因です。
いやわかってる、わかってます!
皆さん忙しい合間を縫ってスケを空けてくれたのはわかっている!
しかしこれは完全にキャスティングの問題で、製作としての私の責です。

しかしですね~。
昨日のロケ素材を見ると~。
あー2年もかかったけど、やっぱこの人じゃなきゃダメだったわ~、
それ以外のキャストもう考えられないダメダメ、
といったはまり具合なわけで。
どの役をとっても代わりは見つけにくいんですよね。
まあ端的に一言で言うと、「あんたに頼んでよかったよサンキュー」それだけです。

とか感情抑えた気取った書き方をしていますが、
今回の現場では感情殺しまくりました私。
素材に入っている自分の声「よーいはい」「かっと」とかを聞いてると、
感情殺してるどころかのんきな感じで、役者さんらとのギャップが激しすぎる。
これ役者の皆さんやりにくかったかもしれないな……。
なんと言いますか、もっと私もノリノリでいけりゃよかったのかもしれないんですが、
私が役者に呑まれないように必死、とでも言いますか、そんな状態でした。
役者の演技に呑まれる監督ってなんなのよ、と自分でやってて不甲斐なく思いますが、
事実そうなんだからしょうがないじゃん!
私正直者ですんで!
実はカメラ回しつつ涙腺が緩んだカットが2つありましたが、
必死に超ポーカーフェイスしてました。

うん、断言します。
あのカットで会場の2割が涙腺崩壊ですね。
そして畳み掛ける様にあのカットで涙ゾーンが拡大していきますね。
客席から漏れる嗚咽がイメージできる。
そこかしこから「がんばれ清十郎!」とか「死ぬな!」とか
「よく言った!」とか「ぶっ殺せ!」とか「そこは我慢するな!」とか飛んできますね。
いやそれは言いすぎですかね。

感性なんてのは人それぞれですが、
まずは私自身が感動できなきゃしょうがない。
これは確実に、大幅に予想をはるかに超えて、クリアしてます。
さてこれが、一般のお客さんにどれだけのエモーションを喚起できるか、楽しみです。

……アップしたけどまだ完成したわけじゃないし、
あまり総括的な話はやめときましょう。
俺たちの戦いはこれからだ!(少年ジャンプの打ち切り最終回風)
エディターKAZAMIの編集にご期待下さい。(少年ジャンプの打ち切り最終回の編集部コメント風)


あーそうだ。
久々に女を泣かせてしまった。
私もすみにおけない男ですね。
私が最も好きな人間の表情は、「泣き笑い」です。
48-10.jpg


■2~3ヶ月以内に内々での試写予定。
■一般公開は……悩み中。
スポンサーサイト

【ロケ】白紅 クランクアップ

終わりました。
1発OK多発の、『後が怖い』進め方をしていましたが、
132カット+当日私の中で突発的に追加した数カット、
ノイズ等のトラブルなしのオール生き素材げっつ。
よくぞ生き残った。

まずはざっとレポ。


■S46 いわき 阿弥陀神社脇道
46.jpg
細道で何やら睨み合っている様子。
奥は清川村村民・トラで、手前は……?

46-2.jpg
刀に手をかけやがった! やる気か?
村人相手に容赦ねぇなこいつら!


■S45・48 いわき 阿弥陀神社
45.jpg
もはやおなじみの神社。
村人らが慌しい様子。

46-3.jpg
なんか来た。
さっきの奴らでは。

48.jpg
前に出る主人公・すみ。
知り合いか何かか。

48-2.jpg
おっと、すみを囲むような陣。
ロマサガにありそうなフォーメーション。

48-5.jpg
一触即発。
敵もやる気。

48-4.jpg
ボコボコにされる清十郎。
がむしゃらな男ってかっけぇ。

48-9.jpg
すみ、トランス。
目覚めさせちゃいましたよ。
敵さん、やばいよ逃げて。

まずはスクリーンショットのみサラっと。
作品中一番の見せ場なので、ネタばらし的なコメントを控えてみました。

つづく。

決戦前夜

宿泊中の地元集会所にて。
役者さんらの豪快な寝息が聞こえ始め、宴会(笑)もひとしお、只今昨日のスケジュール全て終了。

殺陣・リハともに素晴らしい仕上がり。
あとの問題は現場のスピードのみ。

これで全て終わりますように。
ついでに、そろそろ出発するはずの当日入りの神奈川組が、無事いわきにたどり着けますように。

眠れないのは緊張のせいではなく、単に最近の夜型生活によるもの。
久々にいい夜です。ラスボス前のセーブポイントっぽい。


では、次回クランクアップ報告をできることを祈りつつ、寝る努力をしてみます。

【ロケスケ】8/29 くらんくあっぷ、しよーぜ!

1年が365日で~、1日が24時間で~、1時間が60分で~。

ロケ最終日のコンテ割りました完全版。
ロケ時間が7時間。7時間というと、420分。
撮影予定カット数、132カット。
よんひゃくにじゅうわるひゃくさんじゅうには~。
3.1818181818……まあ1カット3.2分。
面倒なので3分とする。

…(’’;

……(TT

………(^ー^)bグッ

いや、やりますよ。やらせて頂きますよ。それはもうとんでもない笑顔で。
でもまあ、この企画も後半になるにつれて
撮影スピードが異様に速くなってきているので、なんとかいけそうな気がします。
いや、なんとかいかないとマズイ。
このロケをもう一度する予算もスケジュールもない。

殺陣が多いシーンですが、とりあえず私の方のコンテはバッチリ。
あとは役者さんたち次第ですね。ネ!

熱中症に気をつけて、皆さんよろしくお願いしますネ。
クランクアップ、しようじゃん!
いや、させてください。


■日程:8/29(日)
■場所:いわき市勿来町白米 阿弥陀神社
■出演:メインの役どころほぼ全員 計22名

いやしかし、『クランクアップ』って言葉、
2年がかりの現場では感慨深さひとしおです。

【映画祭】100円サポーター募集用V

いわき映画祭の協賛金、もとい募金集めの為のV。
イベント会場等で延々リピートで流します。

出展の際『映画祭の告知すんのに映像ナシってどうなのよ』、
的なノリで私が勝手に作ったものなので、
使ってもらえるかどうかは謎。



精度の良いグリーンスクリーンがあればすぐ出来上がったのでしょうが、
手打ちでマスキング……。
1秒間30フレームが憎い!
弁慶のシルエットのパートだけでも一晩かかりました。

しかしこの作業に慣れると、マスク処理、モザイク処理とかの仕事もできるようになります。
この弁慶のレベルのマスキングだと、「ギリモザ」なんてクソ余裕ですね。
仕事こないかな。いわきでそういう仕事はないか……。


シルエットの中身は、マイクが弁慶、カチンコが米子、カメラが私、ですが、
私がモデルとしたのはこの人!↓

f01f201d09.jpg
……負けた、負けたよ。

とりあえずは、これで仕事っぽい作業はひと段落。
もっぱら自分の映画の準備にかかります。

【映画祭】こども映画制作体験 メイキング

以前のエントリーで記した、
いわきぼうけん映画祭認知度アップワークショップ「こども映画制作体験」の
メイキングが出来てました。

■いわきサンシャインTV

このサイトは、いわきにテレビ局つくろうぜ!的なノリで、
私のセンパイが運営しているサイトです。
今年6月に始動したばかりですが、コンテンツも徐々に増えているようです。
いわき人なら要チェック!なサイトです。

しかし大分私が目立ってますね。
あまり表舞台に立つことに慣れていない私としては、
もう少し子供らメインにスポットを当ててもらいたいところです。

【ロケスケ】8/28、29

今回は辛かった。
17名+ロケ地+宿泊所の、計19項目のスケジュールを合わせるのは半端じゃない。

100%完璧なロケスケにはなりませんでしたが、
これはやるっきゃない。

出演者の皆さんにはメールでもお送りしましたが、
クランクインからそろそろ2年です。
これまで紆余曲折ありまくりの長丁場でしたが、ようやく『完成』が近づいてきました。
ラスト1回、よろしくお願い致します。

ロケスケしばしお待ちを

最近では数少ないギャラ有りの仕事で、群馬に5日ほどいました。

ロケスケ、明日までには出します。
お待たせしてすみません。

大分過酷な撮影スケジュールになると思いますが、
ご了承のほどよろしくお願い致します。
カザミツーリストとか言ってる場合じゃねぇ。

近況

いわき市『非』公認のご当地ヒーロー映画『磐城七浜 ワダツミセブン』第4話制作開始。(2017年1月)

プロフィール

KAZAMI/羽賀慎一郎

Author:KAZAMI/羽賀慎一郎
風見映像スタジオ代表。
いわき市非公認ご当地ヒーロー映画『磐城七浜ワダツミセブン』監督・脚本・編集・プロデューサー。

福島いわきを拠点とし、市民参加型映画製作をしています。
人の生理に訴えかけられるような作品づくりが目標です。作品を通して、観て頂いた方々に、正のものであれ負のものであれ、何らかのEMOTIONを喚起できれば幸いです。

■いわき市非公認ヒーロー映画「磐城七浜ワダツミセブン」過去作品動画まとめページは<こちら>
ワダツミセブン公式サイトは<こちら>

■第2回いわきぼうけん映画祭実行委員会製作作品『R』、2013年2月完成。
まとめページは<こちら>

■2011年製作 自主映画『白薔薇が紅に染まるまで』まとめページは<こちら>
動画まとめページは<こちら>

■風見映像スタジオは『いわきぼうけん映画祭』を熱烈に応援しています。
<いわきぼうけん映画祭公式サイト>

■香盤表・ロケスケのテンプレのダウンロードは<こちら>

■コンタクトは下記メールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード