021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

date :2011年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急避難的にちょっと模様替え

このFC2ブログ、ここ数日PCから見れなかったようです。
「緊急メンテ中です」が止まらない、終わらない。

……多分、「地震に対する支援」云々が勝手に挿入されて、
使用していたテンプレートがソレに対応してなくて、
デザインが狂う、もとい破綻して閲覧できなくなったのではないかと思います。
だって他のテンプレにしたら見れるんですもの。

というわけで、緊急避難的にテンプレ変更です。
余裕ができたらまた画像差し替えたり改造します。
スポンサーサイト

【上映会】いわき上映会延期のお知らせ 4/2、3

4/2、3に予定していた『白薔薇~』上映会ですが、
会場のアリオスが使用不可ということで(避難所になっているので)、
延期となりました。

また新たな日程は確定次第告知致します。

【上映会】『LUMIERE.』東北地方太平洋沖地震チャリティー上映会

『白薔薇が紅に染まるまで』が、
今回の震災への、東京でのチャリティー上映会での上映が決まりました。

■イベント名:『LUMIERE.』東北地方太平洋沖地震チャリティー上映会
■主催:1gramix.
■日程:5/29(日) 1830~2030
■場所:原宿キネアティック
■料金:800円(全額被災地<赤十字社予定>に募金)※1
■参加監督:今泉力哉/甲斐博和/岡元雄作/片岡翔/頃安祐良/川村清人/天野千尋/田崎恵美/中野量太/飯塚俊光/卜部敦史/田中情/加藤行宏/内藤瑛亮/平波亘/ワタナベカズキ/三代川タツ/村松英治/岩永洋/手塚悟/谷口雄一郎/赤羽健太郎/真田幹也 なんか凄そう!!


5/15、22、29の計三日間で、
様々な自主映画が上映される有料チャリティー上映会だそうで、
その中で『被災地からの特別招待作』枠もらいました。
他の結構レベル高そう。私が混じっていいのかしら。

日程等は確定だそうですが、詳細スケ・特設サイトが出たらまたアップします。

イベントタイトルの『ルミエール』ってのは、
初めてスクリーンに画を映した兄弟の名前で、
フランス語で『光』という意味でもあるそうです。
スクリーンに映し出される光が、被災地の希望になるよう……、
という趣旨での開催ということです。


■4/2追記
※1 入場料金について
イベント自体は『1日3プログラム』×『3日』の、計9プログラム構成となっています。
『1プログラムあたり800円』かかります。

1プログラムとは、短編作品が3本で1プログラムのものもあれば、
私の長編1本で1プログラムのものもあります。

お得な『1日券(同日3プログラム)』も1500円であるようです。

各プログラムの上映作品スケジュール詳細はまた追記致します。

【いわき】東北地方太平洋沖地震 projectRI #2 "Neighbor"

今回は流石にちょっと強引すぎたか……。

■【いわき】東北地方太平洋沖地震 projectRI #2 "Neighbor"
http://www.youtube.com/watch?v=cSnw-DWtDZQ


唐突に、うちにご近所さんから声がかかったのですよ。
何かと思うと、近所の方が魚を大量に持ってきたから分ける、と。

こういう地域の繋がりがあると、万一の時に行政の初動が遅くたって、
なんとかなりそうな気がしちゃいます。

そういえば、うちのこの地区では、震災直後(11日夕方)に、
地区の区長さんが安否確認の為に一軒一軒区内の家を訪問しました。
そういう情報は、末端の地区→支所→市役所、
と上に上がって被害状況確認とかするもんだと思ってたので当然の話かと思っていたら、
どうも同じいわき市内でもそうでもない所もあるようで。
……まあ確かに、うちはいわきの僻地と呼ばれる町なんですがね!
『青年団』とかも、普段ならメンドクセーと言ってしまいそうなところですが、
やはり重要ですね。

さて、皆さんの地域はいかがでしょう。

【地震】いわき南東部も余裕でした(物資的に)

さて、今日(3/22 1400)はいわき南東部のスーパーへ。

KC3V0087.jpg
KC3V0088.jpg
青果・野菜余裕でした。


KC3V0089.jpg
肉・魚もなかなかの品揃え。

KC3V0093.jpg
KC3V0094.jpg
牛乳・菓子類は欠品。
イライラしてたからカルシウム摂りたくなったんでしょう、きっと。

KC3V0095.jpg
KC3V0096.jpg
うず高く積みあがる紙類。
個数制限なしの太っ腹!

KC3V0097.jpg
パン大量。

確かに欠品は所々あるし、閉まっている店もまだまだありますが、
いわき余裕じゃない?
だってさー。

KC3V0085.jpg
パチンコ屋大繁盛。
ちょっと汚い写真ですんません。
外の灯りが見えませんが、隣接する2店舗には全く車が停まっていないので、
営業してる……んですよねコレ。
曇ってるから暗く見えますが、1400だから灯り点いてなくて当然か?
中入って確認すりゃよかった。


個人的にいまだ不足と思うのは、
医療系のモノ・人、出歩けない年配者・障害者のケア、の2点でしょうか。
ガソリンもそこそこ回ってきてるみたいですね、
まだ渋滞ひどいけどソレはどこも同じ。

いわきもそろそろ『脱被災者』ですね。
ここからの復興は早そうです。

【地震】北茨城、脱被災者の貫禄

只今(3/21 1430)、タバコ買いがてらのドライブ途中、
北茨城のサンユー(スーパー)に行ってみました。


KC3V0084.jpg
行列なし。

KC3V0074.jpg
米余裕。

KC3V0080.jpg
レトルト米も余裕。

KC3V0079.jpg
肉もあり。
(魚はナシ)

KC3V0078.jpg
こんな時期だがおはぎも忘れちゃいない。

KC3V0077.jpg
酒類もズラーっと。

KC3V0076.jpg
パンはヤマザキ系、出来立て系、ともに完売。
作った傍から即行売れていくこの状況、パン屋冥利に尽きますね!

KC3V0075.jpg
飲料も豊富。

KC3V0083.jpg
明日以降の営業時間。


店内のお客さんも、平時の夕飯時前と大して変わらぬ程度で、
人々の表情もそれなりに穏やか。
「今日の晩御飯何にしようかしら」なんて、
奥様方が品物を選ぶ手つきも優雅。
「コレ私の!」「いや俺の!」とか物資の取り合いをするような醜い輩は一人もナシ。

既に「日常」を取り戻しつつある北茨城に感嘆。

車内のラジオで、いわきの『災害対策センター』から
『各地公民館』への物資の配給が決まったとの声を聞く。
このラインができたのはデカイ。
が、いくら本部に物資が届いている、といっても、
全いわき市民が殺到したらさすがにもちません。
余裕がある方は、「もらえるもんはもらわなきゃ損」という考えは持たないで欲しいものです。
結果、それが本当に困窮している方を救うことになります。

首都圏その他の地域の方に、私達は「買い控え」をしてもらい、
徐々に流れが回復しつつあります。
さー、今度は『市』という単位で私らが互いを思いやる番ですよ。

ところで、私が受けた勝手な印象ですが、既に北茨城の方は『脱被災者』だと思います。
どなたかがツイッターで言ってました、彼らは既に『開拓者』だと。


■サンユーストアー大津店
茨城県北茨城市大津町北町2471
(国道6号を上って、北茨城に入って2,3km進んで右手)
0293-46-3663
商品は毎日入荷しているとのこと。
店自体は0930開店で、私が行った1430時点でこの品揃えなので、
相当数入荷していると思われます。
<地図>

【地震】東北地方太平洋沖地震 projectRI #1 "Trust me"

東北地方太平洋沖地震の被災地いわき市に、二人の『個人』物資提供者が訪れた。彼らの思いとは。困窮の際は手を取り合うべし。遠慮なく、人を頼るべし。この世には、思う以­上に、アツイ奴らがいる。

■youtube動画 【いわき】東北地方太平洋沖地震 projectRI #1 "Trust me"
http://www.youtube.com/watch?v=msp_H2rq-No


久々にドキュメンタリー撮りました。
というかドキュメンタリーになりました。
変な大作戦じゃなくて、最初からこういうことやっとけばよかったよね……。

今日は私の群馬時代の同僚と、そのお仲間のお二人で、
いわきに「個人」支援物資を届けてもらいました。
今回は「災害対策センター」に届けてもらいましたが、
本来であればそういった「行政の手の届かないところ」に届けたかったそう。
そういったピンポイント支援が、「個人」支援の強みですから。

しかし報道テイストにクールにいこうと思ったら
(災害対策本部の今!避難所の今!みたいに)、
取材対象の二人が、あまりにも、熱く、人間的魅力に溢れていたので、
やっぱドキュメンタリーテイストにしてしまいました。
曲りなりにも私、元ドキュメンタリーの人間ですし。
AD止まりだったけどな!!

さて、いまだにいわきで『餓死者が出る』だなんだかんだ言ってる方、
3日前ならいざ知らず、今現在でもそう思ってるなら
それはちょっとしたおごりじゃありませんか?
それは本当に餓死寸前の窮地ですか?
風評被害があるといっても、
ガソリンや食料ないのなんてどこ行ったって似たようなもんじゃないですか?
岩手や宮城には、既にそれらが潤沢に流通してるんですか?
その前にまずは周囲を頼ってみましょうよ。
各避難所に行ってみたり(潤沢に物資あります)、あるいはご近所さんを頼ってみたり。
スーパーの開店頻度も徐々に多くなってきていますし、
今日はガソリン大量入荷だそうじゃないですか。
いわき、回復してきているように感じるのは私だけですかね。

今回支援頂いたお二人、ツイッター仲間、ご家族、全ての方々に感謝致します。

クールダウン 勇み足のフライングの…

ちょっと色々とごちゃってきたので、
自分を落ち着かせるためにもここ1週間を振り返り。

この1週間は色々とスベりまくりでした。
地震・津波後に東京調布上映会(東京に行ってから会場使用不可と判明しましたが)
の為いわきを離れた、というのが負い目なのか、
やたら「いわきに戻ったらやれることやってやるぜ」的な焦りがあったようです。

3/12の0時にいわきを出て
(……とこの時点で既にいわきより上映会を優先させている)、
0900亀戸らへんでようやく上映会場の調布市民会館と連絡がつき、
上映会場使用不可が判明する。
で「上映会中止」メールを、メアド知ってる方に一斉送信。
ここでいわきに帰るという選択肢もあったんですが、そこから調布へ。
メアド知ってる方には中止連絡できたものの、
上映会の招待状はメアド知らない方にも送付してる。
こんな状況であっても、お客が会場に来てしまったら。
会場に着いてみたら、扉は閉ざされ、誰もいなかったら。
……そりゃ失礼すぎるだろう。監督である私が謝罪しないでどうする。
というわけでそのまま調布へ。

そして1530あたりに原発爆発1回目。
気が気じゃないけど、会場で受付を準備。
受付といっても、「万が一来ちゃったお客さんにごめんなさいする為」の受付。
まあとてもこの非常事態に正気の沙汰じゃない気はします、今思うと。

で1日目、「この非常事態に来ちゃった奇特なお客さん」、0。ゼロ。

夜、原発が更に危険な状態になったら今からでも帰ろう、
と思いつつも結局留まり、神奈川の友人宅へ。

で2日目も会場入り。も客、0。ZERO。
……あれ、本気でここに来た意味はないのでは?!
いや、確かに東京上映会はほとんど広報してないけど!

そして1800、受付終了。
もう2日目昼時点で既に「なんかやらねば」感が出ており、
mixiツイッターで「東京からいわきに車で帰るけど同乗できるよ」的書き込みをしており、
なんか寡黙で無趣味でいまいち会話が続かない男性1名と、宅配便1件を載せ、
ここでようやくいわきへ出発。
で深夜、いわき着。

それからは、
移動シアター大作戦、風呂開放計画、大量物資買出しプロジェクト、と続き、
見事にどれもスベリまくりなわけです。

2ちゃんの、「やる気のある無能ほど害悪なもんはない」的な書き込みを見て、
まさに今自分の境遇を言いえて妙、と感心しつつ反省してしまう。

今回は自分の「いてもたってもいられない」
「落ち着きのない」性格が見事に表れてしまいました。
小学生の頃、通知表の手書きの「普段の行動」的なメッセージ欄によく書かれた言葉です。
この歳になって落ち着いたつもりではいるのですが、
こういう事態に置かれてこそ人間の本性が表れてしまうってことで、
やはりまだまだお子さまで未熟なのでしょう。

今回の私の勇み足・フライング的な行動で振り回しちゃった皆さん、申し訳ありません。

いわきはまだインフラが完全に復旧しておらず、
水・ガスなど地域により復旧具合はバラバラです。
しかし今いる私の実家は、ないのはガソリンだけで
水・電気・ガス・ネットが完全に復旧しています。
やろうと思えば一日ネットゲームとか出来ちゃう状況です。
そんな、同じいわき市内でありながら恵まれた・余裕のある環境にある、
しかも震災の一番きつい2日間いわきを離れていた、という私は、
やはり何かせねばならん、と思ってしまうのです。
が、ちょっと落ち着きます。
クールダウン。
原発も、私も、落ち着け。

個人で仕入れて売って~

100km離れた栃木とかでは普通に飯屋・コンビニが営業している今
(3日前に通った時の話。もう遅いのかな)なのに、
物資がいわきに入ってこない理由がいまいちわからない。
ルートも確立されている。

という今、
個人で栃木とかにトラックで行って物資を仕入れて、
いわきに戻ってきて、
高速・ガス代を上乗せしていわき人に売る(100円のパンを150円で売るとか)、
ということをやったらヒンシュク買いますかね。
もしくは売値は仕入れ値の通常価格にして、高速・ガス代はカンパ制とか。

既に大型トラック所持の友人には話してあるんですが、
まだ決行するか決めかねています。
これをご覧になった方のお住い地域での
食品購入可否事情をお知らせ頂ければありがたいです。


【例】
栃木県宇都宮市
スーパーに食品・生活用品は普通にあるけど、ガソリンはないよ!軽油はある!
とか

■主な必要物資
・ガソリン(はどこもなさそうですね)
・軽油
・灯油
・食料(もうなんでもござれ)


まあなんかの法に触れそうな気はしますが、そのへんはいいでしょ。
あ、売るとかじゃなくて、どっかの自治体に問い合わせて支援物資をもらってくる、
てのもいいかも。キツイかなぁ。
「個人での物資支援は迷惑だからやめて」的な勧告もあるようですが、
こういうスタンスで向かえば支援してくれる方はいっぱいいるでしょう。

本当、ツイッターとかmixiとかでグダグダ言うだけの
100%待ちの姿勢じゃなんも変わらねーっすよ。

『移動シアターKAZAMI』オープン

『移動シアターKAZAMI』

■業務内容
各避難所へのビデオ上映巡業

テレビ・プレイヤー・ビデオソフト(VHS・DVD)を持って行き、
避難所の片隅で上映。



■営業時間
午前:0900~1300
午後:1400~1800

1回に映画2本(4時間)程度
1日2箇所まで
(申し込み受付は24時間対応)


■料金
無料


■お申し込み
090-8052-6504
at-kazami@ezweb.ne.jp 
羽賀


■その他
※機材一式を持って伺います。電源だけ下さい。
※巡業先はいわき市内・および北茨城市内に限ります。
個人車移動なのでガソリン的に。
※ソフトのラインナップは、子供向け~全年齢向け、が多いです。
※上映ソフトを貸してくれる方を募集しています。
※私が避難退去した時点でこの活動は一時停止します。
戻ってきたら再開します。


■よくある質問
Q.それ違法だろ
A.違います。私が避難所で個人的にテレビで見てると、子どもたちが寄ってくるだけです。

『湯処風見』オープン

勿来の山際は色々と余裕です。
というわけでうちの風呂開放します。


『湯処 風見』
■住所
いわき市勿来町白米酒井原6-2
【GoogleMap】

■営業時間
私が家にいて起きていればいつでも

■料金
無料
心苦しければ適当にタバコ1個くらいでも

■連絡先
※要事前連絡
090-8052-6504
at-kazami@ezweb.ne.jp 
羽賀

■その他
※石鹸類、タオル類はなるべく持参して下さい。なけりゃある程度はなんとかします。
※万が一途中で水止まったりしてもグダグダ言わない。
※送迎はできません。
※所詮個人宅の風呂なので、あまり期待しないで下さい。設備的にもキャパ的にも。
※駐車場があまりありません。乗り合いでお越し頂けるとありがたいです。
※給水も出来ます。タンクは持参して下さい。
※決して『湯房』ではありません。 

調布上映会中止のお知らせ

『白薔薇が紅に染まるまで』調布上映会は、本日・明日ともに中止となりました。
ご報告が遅くなり申し訳ありません。

次回日程は未定です。

また、この上映会に友人等をお誘い下さった方がいましたら、お手数ですがその旨お伝え頂ければ幸いです。

調布上映会

予定通り開催したいところですが、問題が二点。
上映会場と連絡がつかない。
私が会場に辿り着けるか(通行規制的に)。

というわけで今から下道で発ちます。

【製作】調布まで1週間 つくりもの色々

今回画像多いです。携帯の方、覚悟!

本上映を1週間後に控え、もろもろつくりものです。
つくりもの……関係者配布用のDVD、パンフ、ポスター類、なんですが、
つくりものと言っても、頭を使う作業ではないのでかなりダラけた作業です。
全てパソコン一台でやっているので、DVDコピーしてる最中とか暇で暇で仕方ない。
エラーが怖いから他のPC作業できない。
かといってデュプリケーター(一気に数枚~数十枚DVDコピーできるマシーン)もないので、
一枚焼いたらディスク入れ替え、ということでその場も離れられない。
そんなわけで、自分の過去作品とかうちにある一般のDVDとかを
ブラウン管TVで見ながらダラダラやってます。
『トゥルーマンショー』3回くらい見ちゃいましたよもう。

ではズラーっとつくったもの。


まずはポスター。
渡辺文樹方式、貼ってもらいました!
おどろおどろしい……さすが渡辺方式。
KC3V0062.jpg
単純に私のケータイカメラの性能がクソなだけですすみません。

友人のケータイで撮ってもらったら、こんな感じ。
110225_213301.jpg
すげー。最近のケータイのカメラスゲー。
同じ条件なのに。光量MAXで撮影してるのに、勝負にならない。
あ、ちなみにこちらは、出演者のご両親が経営しているスナックです(笑)
オッチャンたちの酒の肴になるのだろうか…。

他にもポスター配布にご協力下さっている皆さん、ありがとうございます!


そして新聞にチラシ広告出しました。
表は、『地域のお悔やみ情報』。
KC3V0068.jpg

が、そのウラの顔は……!

KC3V0067.jpg
白薔薇。

福島民報なんですが、その営業所区域内の地域の広告を
無料で載せてくれるってことでお願いしちゃいました。
配布範囲は狭いですが、そこそこのインパクトかなと。


お次、上映会当日のパンフのようなもの。
KC3V0069.jpg
キャスト・スタッフからの簡単なメッセージと、軽く私の挨拶文とを載せてます。
お客さんが、会場に入ってから上映するまでの手持ち無沙汰な時間に読んでもらうものです。
コメントさすがに全員分集まらなかった。残念。
このへんが舞台のようなライブもの、に完全に負けてるんですよね。
舞台は上演日にお客さんとともに作り上げ完成させるものですが、
映画ってなんかもう上映日には「とっくに出来上がっちゃった」感が漂ってるので。
実際にクランクアップから半年経ってますし。
映画の盛り上がりのピークって、やっぱクランクアップなのかな~。
アップの時、私ものっすごい疲れてていまいち盛り上がりに欠けましたが。


そして配布用DVD。
とりあえず40部くらい。
KC3V0070.jpg
上映会に来てくれたキャスト・スタッフにはその場で手渡し、
来れなかったメンバーには郵送か何かで送ります。

あ、今のところ販売は考えてません。
売れないんです。主題歌の権利問題的に(JASじゃなくCD原盤権の方で)。
普通に無料で差し上げます。
一人で100部とか言われると困っちゃいますが!
ステッカーと抱き合わせ販売500円とかしたら怒られるよな(笑)

しかし仕事でも何でもそうなんですが、ケース入り完パケDVDをこうやって並べると、
私的にはなんだか盛り上がります。
おぉぅ、なんか出荷されるみたいだ!というような一人盛り上がりです。
皆さんの手元へ巣立ち、どう扱われるんだろう、
1年に1回くらいでも見てもらえれば嬉しいな~とか考えながら。

そして、前回もですが今回も言われたこと。
「ツタヤとかに置いとけば誰か借りていくんじゃない? やってみれば?」
ちょっとやってみたい(笑)

【雑記】報道のモラル?

報道のモラル、のお話です。
映画と報道って全然畑が違いますが。

例のカンニング問題に関する報道で、「やりすぎだ」という意見を多く耳にします。
「報道のモラル・正義がない」「言論のリンチだ」「イジメだ」等。

うーん、わかりかねます。
悪いことしたらリンチされても仕方ないでしょう。
そのリンチに「やりすぎだ」という感想を持つ方もいるのはわかるんですが、
そこで「報道にモラルを」と発信側への自制を求めてしまうと、
発信側が何も出来なくなっちゃいますよ。
最近は、ちょっと問題があると自主規制しちゃう弱い業界みたいですので。

で、その「やりすぎ」というのも各人ボーダーがあるわけで。
「在住県」「通っていた予備校」「家族構成」「予備校教師の反応」
どこまでアリでどこからNGなんでしょう。
そういう曖昧なところに、良識とかモラルとかでボーダー求めちゃうと苦しいですね。
私が「報道のモラルの崩壊」と感じるレベルは、
虚偽情報・ヤラセ・事件と全く関係のないプライベート情報の流出、くらいです。
正しい情報が流れるのであれば、あとは受け手の問題かと。

報道は世論に多大な影響を与えますが、直結はしません。
報道された事実等を元に生まれる大衆の考え、が世論です。
いくら報道が「やりすぎ」な報道をしようとも、それが事実情報であるならば、
そこから受け手が考え導き出されるのが世論です。
今回の件だと「予備校生がかわいそう」な意見が多く見える気がします
(それは例えば「高校三年で父親をなくして家計が苦しい」という、
人によってはやりすぎと思える報道が一因でもあるでしょう)。


良いことしても悪いことしても、
第一人者・前代未聞・先例のない、ことってのは目立ってしまうものです。
そりゃ報道も過熱します。
ここで大々的に報じなきゃ報道の意味がない。
しかし、やりすぎだなんだかんだ言っても、今回の過熱報道は一定の抑止効果を生みます。
確実に。
今回はカンニングという、およそ犯罪と言えない不正ですが、
これからカンニングする奴減るでしょう。
勿論ヤフー知恵袋で聞く奴は出ないでしょう(今回のがバレなくても次が出てくるとは思えませんが)。


悪いことを悪い、と言うのが憚られる世の中にはなって欲しくないものです。

【雑記】それは文学の駅伝

今日は唐突に『リレー小説』なるものをご紹介します。


リレー小説っていうとアレでしょ?
なんか文学オタクみたいなのが、
交換日記よろしく小説を分担作業でチマチマ書き綴っていくの。
暗そ~。ダセ~。
あ、サッカー部の練習見に行こっ★


あーそうですよ。
文系サークルとかモテませんよ。
オタクっぽいですよ。
爽やかさとか無縁ですよ。

まあそんなイメージかとは思いますが、
今日私はリレー小説のその陰鬱なイメージを払拭したい!

Q.リレー小説とは何ですか。

A.文学の駅伝 魂のタスキを繋ぐ信頼のリレー

うお、これだとなんだかカッケェ。

そうなんですよ、リレー小説ってかなりアツイ遊びなんですよ。
小説を書く、ということ自体が0スタートの無限の可能性のある作業ではありますが、
そこに他者との連携が加わると、これがまた別な楽しみがあります。

自分が張った伏線を、後任がどう回収するのか、あるいは完全にスルーされるのか。
自分が想像するストーリーを順調に進めてくれるのか、
あるいはぶち壊して新風を巻き起こすのか。
前任者の世界をそのまま生かすか、あるいは転換するか。
新キャラを作るのも自由。殺すのも自由。
期待と不安の混濁、信頼と裏切りの交錯。
自分の文章が後任に与える影響・責任。
集団作業ゆえの入り乱れる感性。
一人では思いもよらぬ予想外の超展開。
自分の手元を離れ、1周してきたときに広がる世界は、一体どんなものなのか。
自分が渡したタスキは、どうなって戻ってくるのか。


ほらー、なんか楽しそうじゃないですか!
大学時代は、文学研究会というサークルで暇な時にたまにやったものです。
本当に集団でやる作業ってのは面白いもので、
自分が張った伏線を次の奴がどう料理するか、とか楽しみですね。
新キャラ登場させてみたら、1周して戻ってきたら殺されてたりとか。

というわけでリレー小説を久々にやってみようと
ツイッターで呼びかけてみたんですが、
コレはツイッターにはかなり不向きな企画だということが2人目で判明しました!
『Re』だと1対1になっちゃうし、複数名参加してもらっても1本に繋げようがないし。

なんかしら別のツールでやってみようと思います。
BBSかなんかでやるのがラクなんでしょうが、
メールでファイルを回す(交換日記方式の電子版か)、
が一番確実で面白いのかも。
BBSだと気軽に続けられて常に全文が誰でも読めてしまいますが、
交換日記方式の『自分に戻ってきた時のドキドキ』が醍醐味の一つですしね。

文章の上手い下手とかどうでもいいんで、
どなたかやりましょう。
4,5人いると面白いかなぁ。

近況

いわき市『非』公認のご当地ヒーロー映画『磐城七浜 ワダツミセブン』第4話制作開始。(2017年1月)

プロフィール

KAZAMI/羽賀慎一郎

Author:KAZAMI/羽賀慎一郎
風見映像スタジオ代表。
いわき市非公認ご当地ヒーロー映画『磐城七浜ワダツミセブン』監督・脚本・編集・プロデューサー。

福島いわきを拠点とし、市民参加型映画製作をしています。
人の生理に訴えかけられるような作品づくりが目標です。作品を通して、観て頂いた方々に、正のものであれ負のものであれ、何らかのEMOTIONを喚起できれば幸いです。

■いわき市非公認ヒーロー映画「磐城七浜ワダツミセブン」過去作品動画まとめページは<こちら>
ワダツミセブン公式サイトは<こちら>

■第2回いわきぼうけん映画祭実行委員会製作作品『R』、2013年2月完成。
まとめページは<こちら>

■2011年製作 自主映画『白薔薇が紅に染まるまで』まとめページは<こちら>
動画まとめページは<こちら>

■風見映像スタジオは『いわきぼうけん映画祭』を熱烈に応援しています。
<いわきぼうけん映画祭公式サイト>

■香盤表・ロケスケのテンプレのダウンロードは<こちら>

■コンタクトは下記メールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。