071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

date :2011年08月

FSI 半員御礼

8/7 FSI~いわきの原風景に思いを馳せる映画上映会~
無事終了しました。

まず『半員』御礼ってことですが、
第1部が満員、2部がスカスカ(6名…!!)、ってことです。
2部の会場の、私ら主催者とお客さんの距離感の近さ半端ない!

1部・2部で、なぜそこまでお客さんの数に差が出たかというのは諸説ありますが、
「夜の小名浜いわき踊りに行ってしまったのでは」
「昼暑いうちに映画見て、涼み始めてから七夕祭りへ足取りがシフトしたのでは」
この2つが有力です。
上映を行った会場、いわき市の中心街なんですが、
ちょうど七夕祭りの真っ最中だったんですね。
イベント打つのって難しいデスネ。


さて、今回は『私立探偵ダイス』、『かもめの視線 -REMEMBER EDITION-』、
そしてうちの『白薔薇が紅に染まるまで』の3本を上映しました。
いわきの原風景に思いを馳せる、というテーマで行いましたが、
原風景……ダイスならいわきの『街』、かもめならいわきの『海・空』、
白薔薇はよくわかんないけどいわきの『自然全般』、がふんだんに映っている作品です。

自主制作作品3作ってことなんですが、全ていわき人監督です。
MCでも申し上げましたが、単に「いわきでロケされた作品」であれば、
メジャーな商業映画でも別にいいわけですよ、『フラガール』とか。
しかし今回はあえて『自主』。
監督・いわき人、客・いわき人、この時点で相当なシンパシーが生まれたはずです。
いわきロケ率、全作品で95%超えてます(うちの作品がちょっと下げてます…)。
映画ってストーリーや映像美を楽しむだけじゃないんです、
「あの場所が映ってる」「知り合いが出演してる」、そういう楽しみ方もあるんです。
そんな自主作品で、いわきの風景・出演者をより身近に感じられたんじゃないかと思います。


そして、今回はいわきの『原風景』が映っているいわきロケ作品を集めましたが、
アンケート等でのお客さんの反応を見るに、
いわきが復興への歩みを進めようとする今、
「震災前の風景に思いを馳せる」というアクションは、
ただ単に「あの景観を取り戻そう」ではなく、
「あの風景の中で、活気溢れるいわき人の笑顔を取り戻そう」
という思いに繋がったようです。
かもめ~がわかりやすいんですが、
「破壊されたいわきの海・海岸沿いを復活させたい」ではなく、
「いわきの海の、サーファーや海水浴客の賑わい・人の活気を取り戻したい」といった風に。
「いわきの元の風景取り戻す」と言ったって、
結局はそこに生きる人間の笑顔や活気が戻らなけりゃ話にならないわけですね。
これからのいわきを生かすも殺すも、私ら次第ってことですね。


ご来場頂いた皆様、広報して下さった皆様、
また作品をリエディット・提供して下さった酒井監督・高羽監督、
に厚く御礼申し上げます。
この上映会が、ほんの少しでも皆さんの歩みの後押しになれたなら幸いです。

がんばりましょ、いわき。
スポンサーサイト

『遠くへ』

たまに自分の過去作品を見返しては、
赤面したり悦に入ったり忙しいKAZAMIです。

だいーぶ前に作った友人の音楽PVを、
そういや紹介してなかったナァ、ということで今更紹介。

■政井健一『遠くへ』
http://youtu.be/89hSYqUIbAQ


音楽PVつくるの初めてだったんですよ。
難しいもんですねコレ。

彼と私の間でイメージの擦り合わせをしていくわけですが、
私も音楽PV初めてでワケわかんないし彼も映像ワケわかんないしで
かなり難航しました。
そりゃもう抽象的なワードばかりで。

■海で歌ってるシーン
「旅のイメージなんですよね、旅」
「まあタイトルからしてそんな感じだよね」
「海辺で歌いたいっすね」
「夜? 焚き火とかしちゃう?! マルボロの広告のイメージで!」
「いいすねソレ!」

■ガケ上で歌ってるシーン
「ガケ上とかで歌ってみない? TUBEっぽい感じ」
「いいっすねソレ!」
「イメージ的には『YAH YAH YAH』のチャゲアスみたく下から風吹いて、
ジャケットがブワーってめくりあがったりするといいんだけど」

■その他
「旅の途中でいろんな人に出会ってく過程を描くってのどうよ」
「いいっすねソレ!」
「全国路上ライブの旅してるっぽい感じでさ~」
「あとなんか気のいいおっさんとかと仲良くなっちゃったりとか」
「裸の大将的なイメージ?」
「そんな感じッス!」

とか。

しかしまあ出た案をそこそこ再現できている気がしますが、
いかんせん画にしまりがない気がします。
映画を作ればやたらセリフが長くなってしまう私としては、
こういった、意味でなくイメージで語る映像は苦手なようです。

いわきの弾き語りミュージシャン・政井健一君をよろしく!

【上映会】8/7上映会PR動画

をやっつけました。
あと企画趣旨的なものとか追記しました。
……おせーよ!ですね。

上映会情報詳細ページ
http://atelierkazami.blog87.fc2.com/blog-entry-247.html

ちくしょう、例の騒動で相当時間食ったぜ……。

しかし今回のPR動画は大分シンプル目です。
私の大好きな、『ギュイィィィィン!』『ブワァァァァァンッ!』『シュピーーーーン!!』
的な派手なことしてません。
落ち着いてしまったものです。

【仕事】ギャラ持ち逃げ疑惑 あるいは死の香り

ツイッターでは大分怒りの赴くままにつぶやきまくりでしたが、
今回の『外注カメラマン、ギャラ持ち逃げ疑惑!? あるいは死の香り』の顛末を記します。

概要としては、仕事の撮影を頼んだカメラマンが、
撮影料金の前金・撮影素材テープを持ったまま音信不通、です。
で、連絡不通状態が2週間にさしかかろうという昨日、カメラマン宅に直接突っ込んできました。
連絡が不通ってのは、電話はコールするが出ない、メールは一切返信がない、です。


カメラマン宅といっても、住所は知っているものの直接訪れたことはない。
なのでその住所(東京池袋)へ行ってみます。
1200、問題のアパート着。
アパートはありました。
ギャラの前金と撮影内容レジュメ、サンプルDVDは届いているはずなので、
ヤツがここに住んでいることはまず間違いない。
5階建てのアパートで、1階入り口に集合ポストが。
ヤツのポストに表札はない。
念の為、郵便物の宛名から確認……だってぇ、ポストから溢れんばかりなんですもん。
見えちゃいますよ。
で、ヤツの名前を確認。
ここに住んでいることは間違いない。

しかし溜まっている郵便物の量が実に絶妙な具合。
どの程度かというと10日分くらいでしょうか。
ちょうど音信が不通になったのが12日前。
これはまさか……。

……どういうことだ??

1300、友人と合流。
色々と仕込みがあるのです。
友人は、私とそのカメラマンのやり取り一部始終を記録する役目で。
カメラとワイヤレスマイクとか、
ちょっとしたドキュメンタリーの撮影機材持ってきてます。

ワイヤレスマイク。

何用かというと、まさかそのカメラマンに
「この度のギャラ持ち逃げ疑惑の真相はどうなんすか!」
などとインタビューするわけでもなく、電話の通話の録音用です。

さて、カメラマンに私のケータイ番号はバレている。
友人のケータイからかけさせます。

設定は、某宅配会社の荷物お届け。
目的。
①「この電話はWさんの電話でよろしいですか?」まず生存確認&本人確認。
②「お届けモノなんですけどご在宅ですか?」今家にいれば突っ込む為の確認。
③家にいなければ「何時頃戻られますか?」張り込み目安用。

ワイヤレスを友人のケータイに貼り付け……コールするが出ない。
私が電話した時と同じ反応。

仕方がない、いるかわからないけど部屋に直接突っ込んでみる。
アパートの5階、エレベーターなし。ちょっと疲れる。

ピンポン×1回、2回……∞。
出ない。

近場の交番へ。
「~~~というわけで逃げたか、あるいは部屋で倒れてたりするかもしれないんで、
部屋開けて確認とかできないっすかね」
「大家さんとこいけ」

近所の大家さん(管理会社)。
「いや部屋開けるとか無理だし。弁護士通して。
……カメラマンの実家に電話するから待ってろ」

カメラマンの母と電話が繋がる。
「あらぁ~お世話になりますぅ~、今回はうちの子がご迷惑おかけしてぇ~」

……なんだか拍子抜けなテンションのカメラマン母。

「郵便物とかめっちゃ溜まってるんですけど。電気とかの料金振込みのヤツとか」
「あら~、あの子そういうヌケたところあるからぁ~、すみませんねぇ」

そこで大家、
「いや、一昨日家賃振り込まれてるし、死んでるとかありえねーよ、プッ」

ということはどういうことだ。
家にいるってこと? フツーに?

カメ母「今夜の仕事(バーテン)してるので、寝てると思います~」
大家「以前私も扉ドンドンやって、ようやく出てきてくれた、ってことがあったし。
隣の部屋いないしドンドンやっちゃって」

え~。

再びカメラマン宅へ。
とりあえずまたピンポンピンポン。
出ない。
仕方がない、こういうマネはしたくないんだけど。
扉ノック。
トントン。
ドンドン…!
ドガンドガン!
ドッキャーンブワァーンガシャーン!!(大分誇張あり)
……出ず。

うーむ、どうしたものか。出かけてるのか。
バーテンやってて今家にいてダンマリ決め込んでるだけなら、
ベランダから飛び降りでもしない限り、最悪17時にはこの扉から出てくるはずだけど。
しょうがない、しばし待ってみよう。

まあアレだけドンドンやって出ないんだからいないんだろう。
今どっか出先で、そこから直で仕事行かれたら明日の朝まで帰ってこないことになるけど、
ここまで来たら粘ってやろうじゃないの、ガマン比べだこの野郎。

……とその時!!

唐突に扉が開く。
「あ……羽賀さぁん……どうも」
うわ、いた!
めっちゃ寝起き!
「撮影テープ届いてないんだけど」
「あ……! あれどこだっけかな……(部屋をしばらく探し)……あっ!」
バッグから裸のテープを取り出す。
「郵送したって言ったよね」
「すみません……すみません……」
とりあえず今回の目的は撮影素材テープの回収です。
本来なら取立て(笑)経費でギャラ残金も払いたくないところですが、
ここはいっちょ大人になり残金を差し出す。
「今回は……ご迷惑おかけしたんでいいっす、もらえないっす」

今回のこの騒動を一言で言うなれば、
イレギュラーなハプニングにハプニングが重なり、
そのカメラマンの従来のズボラさが拍車をかけた、
といったところでしょうか。

なぜ電話が繋がらなかったか。
私と最後の連絡を取った翌日失くした。

なぜPCメールの返信がないのか。
金なくてネット止まった。

なぜそんなにズボラなのか。
母いはく「そういうヌケたところがあるんですすみません」。

電気とか止まらないのか。
大家「よく止まっているみたいです」

……そんな状態で出した札を引っ込められるかっつの。
「じゃあ余裕できたら返してよ。
何はともあれとりあえずこれは正規の報酬だからもらっといて」
ギャラ残金を彼の手に押し込み、さっさとその場を後にする。
返ってこないだろうけどまあいいや。
あ、すみません、俺っていい奴でしょアピールウザイっすねハイ。

車に戻り、撮影テープをさらっと確認。
カメラマンとの最後の連絡で、「すみませんうまく撮れてないかも」的な
自信なさ気な言葉はありましたが、
1人2カメで、無人2カメの方が1カメから大分離れたヒキの画になっていたので、
ある程度編集でなんとかなりそう。
その努力は買う
(1人2カメで、カメラを離れたところに設置するってのは勇気と労力が要ります)。

でも郵送すると言ってから12日、郵送していない、封筒に包んでさえもいない、
ケータイなくしたといっても俺の名刺渡してあるんだから
公衆電話なりで連絡は可能なところをしてこない。
やっぱ色々とダメなヤツ。


とこんな感じで無事本来の目的のテープ回収は終わりました。
最悪部屋で野垂れ死んでいる可能性まで考えてしまったのですが、
大家から失笑を買うようなレベルの収束になりまあよかったです。
告訴状つくってみた!とかがギャグになってよかった。
ツイッターなどで応援して下さった皆さん、ありがとうございました&お騒がせしました。

近況

いわき市『非』公認のご当地ヒーロー映画『磐城七浜 ワダツミセブン』第4話制作開始。(2017年1月)

プロフィール

KAZAMI/羽賀慎一郎

Author:KAZAMI/羽賀慎一郎
風見映像スタジオ代表。
いわき市非公認ご当地ヒーロー映画『磐城七浜ワダツミセブン』監督・脚本・編集・プロデューサー。

福島いわきを拠点とし、市民参加型映画製作をしています。
人の生理に訴えかけられるような作品づくりが目標です。作品を通して、観て頂いた方々に、正のものであれ負のものであれ、何らかのEMOTIONを喚起できれば幸いです。

■いわき市非公認ヒーロー映画「磐城七浜ワダツミセブン」過去作品動画まとめページは<こちら>
ワダツミセブン公式サイトは<こちら>

■第2回いわきぼうけん映画祭実行委員会製作作品『R』、2013年2月完成。
まとめページは<こちら>

■2011年製作 自主映画『白薔薇が紅に染まるまで』まとめページは<こちら>
動画まとめページは<こちら>

■風見映像スタジオは『いわきぼうけん映画祭』を熱烈に応援しています。
<いわきぼうけん映画祭公式サイト>

■香盤表・ロケスケのテンプレのダウンロードは<こちら>

■コンタクトは下記メールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード