121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

date :2012年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【出演者募集】NHK 多少ギャラあり

TV番組出演者オーディションのお知らせです。
エキストラではありません。

■番組:NHKドキュメンタリードラマ
■募集する役:
 いわき在住の
 ①20代後半~30代前半の男女
 ②小学3~4年生女子 ※①②とも演技経験者に限ります。
■オーディション日程:2/1(水)19時頃~ いわき石炭化石館ほるる(予定)
■撮影日・場所:2/7、8の日中、いわき市内
■ギャラ:多少あり

内容としては、ガン闘病生活をしている主人公の友人役、ということです。
私の映画学校時代の同期からの依頼なんですが、
時間も切羽詰っていますが都合が合えばどうぞよろしくお願い致します。
オーディションご希望の方は私まで、
お名前・性別・年齢・電話番号・メールアドレスをお知らせ下さい。

羽賀
090-8052-6504
at-kazami@ezweb.ne.jp
adolescentr@gmail.com
スポンサーサイト

【映画祭】観客巻き込みロケ企画

先日、『いわきぼうけん映画祭』の新年会がありました。
いわきぼうけん映画祭(IBF)とは、
私の地元で昨年2月に開催された、自主映画コンペをメインとする映画祭です。
で私もその実行委員の末席に座ってました。

でその第一回が開催された直後に震災があり、
それから実行委員では、子供向けの映画を避難所等で巡回上映したりなどの企画をやっていたようです。
途中までは私も参加してたんですが、ここ半年はめっきり距離を置いてました。
だって、既存の映画上映するだけってのはあんまり興味がないもので。
まああとは色々と。

既にこのブログにも何度か記していると思いますが、
私は『映画好き』ではありません。別に嫌いじゃないけど人並みです。
『映画製作好き』です。

さて、映画好きの方にとっては既存の映画を上映し、
それを鑑賞するだけでも楽しいのかもしれませんが、
私としてはそれだけではちょっと面白くない。
普段あまり目にする機会のない自主映画を一挙に鑑賞する、
という点ではまあ面白いと思いますが、
『自主映画の祭り』、テーマは『ぼうけん(ぼうけん映画祭というくらいですから)』
のこの映画祭でそれだけじゃ寂しい。
というわけで第1回では『24時間映画制作』を企画しました。
映画祭の会期中にライブで映画制作しようという企画です。
まあ形になりました。

さて、で今回の新年会で第2回へ向けていざ歩まんというところですが、
今度も、映画祭の最中に映画を作りたい。

で、また24をやるのもいいんでしょうが、
この企画はmixiかどこかでやっていた企画をパクったものなので(デジハリ主催だったかなぁ)、
今度は完全オリジナル企画でいきたい。

また、24時間映画制作は『私たちが』会期中に映画を作っていました。
スタッフも出演者も、私をはじめ既に自主映画制作に携わったことのあるメンバーでした。
が、今回はお客を巻き込みたい。
要するに出演してもらいたい。
映画祭の中でロケをしたい。
でそれを映画祭で上映したい。
名付けて、

いいネーミングが浮かばないや。

えーと、暫定で『映画祭でロケしちゃってお客さん巻き込んで映画つくっちゃう企画』あたりで。


自主映画の祭典ですよ。そんな上品な映画祭じゃないんですよ(多分)。
自主映画を見たいから客は来るって?
見るだけならyoutubeでも見てろって感じ。
この映画祭のテーマ『ぼうけん』なんですよ。
私はいわきの映画文化を微力ながらも伸ばしたいんですよ。
一人でも多くの人に自主映画製作の楽しさやら何やらを知って欲しいんですよ。
それに一番手っ取り早いの自分が出演すること・自分が関わることなんですよ。
震災後の私の作品を含めた3作品の自主映画上映会でも自主映画の魅力については語りましたが、
『身近なあの場所がスクリーンに写ってる』『身近な人間が出演してる』、
自主映画製作のとっかかりなんてそんなもんでいいんですよ。
しかも映画祭初日にロケして2日目には完成して上映される、
身近にもほどがあるってなもんです。
つーか映画祭内で客を巻き込んで映画つくっちゃうなんて前代未聞。
面白そうじゃん。

フー。

まーまだ実行委員長からOK出てませんが。というか話もしてませんが。


メモ程度に走り書き。

■映画祭でロケしちゃってお客さん巻き込んで映画つくっちゃう企画
・今~映画祭前日まででラストシーン以外を撮影しておき、
 映画祭初日に映画祭の1プログラムとして『ロケタイム』を設け、
 そこでラストシーン撮影。でクランクアップ。
・ロケ地は、映画祭会場であるアリオス中劇場。
・映画祭に来場したお客さんに『客』役のEXとして出演してもらう。
・ラストシーン撮影内容は、アリオス中劇場を活かしたもの。ライブとか。
・『震災モノの映画つくってよ』というリクエスト多数により、震災も絡めるか?
 別に絡めなくてもいいんだけど時期的にアリかも。
・完成尺は60分以内目標。
・制作費・・・え-とどうしよう。実行委員会からいくらか下りるかなー。

これやれたら相当私は楽しい。
久々に本気出す。
本の構想はチラっとあります。

【雑記】アシュラマンになりたい

ashura.jpg
↑コレ

まあ20代後半以降の方にはメジャーなキャラクターかとは思いますが、
漫画『キン肉マン』の敵キャラですね。

ご無沙汰してます、ひょっとして俺は映画制作のスピードがやたら遅いのではないか、
と今更気づき始めてきましたKAZAMIです。

さて、うちの団体、『自主映画製作団体』、
横文字にすると『amateur filmmaking circle』を名乗っています。
前者はまあそれでいいんですが、後者、英語の方が問題です。
アマチュア フィルムメイキング『サークル』。
サークルと言えば、大抵の場合週1ないし週2くらい、体育会系ともなれば毎日、
ミーティングやら練習やら色々とその活動をするわけですが、
アトリエカザミにおきましては『企画ごとに召集をかける』。
で私の『企画の立ち上げがやたら遅い』。
結果、『普段はなんもない幽霊サークル』。
となってしまっているわけです。

ところで先日、現役高校生から直TELが来ました。
自主映画に興味あって現場見たい、とのこと。
うーーーーーん、近いところでロケの予定がない。
企画がない(正確に言うとひとつあるんですが進んでない)。
せっかく新しいスタッフ候補になりそうな人材が来てくれたのに、
「ん~、しばらく動きないんですよね。なんかあったら連絡します」では絶対に熱が冷める。
基本的に私と同年代のメンバーが多くだんだん年齢層が上がってきているうちの団体に、
久々の若い力獲得チャンスを逃す。
そこで短期間でちょっぱやで完結できる企画、というと、
そうです、昨年いわきぼうけん映画祭で決行した『24時間映画制作』があるではありませんか。
あれの何がいいって、企画の時間と準備が要らない。その場で考えるから。
というわけで2月末~3月くらいのどこか2日間でやります。
みなさまふるってご参加下さい。

※24時間映画制作…準備ナシのゼロスタートで、24時間で企画~撮影~完パケまで全部やっちゃうもの。

さて閑話休題。

『将来の夢ってなんだった?』なんて会話は、
私くらいの歳になるとビミョーに気恥ずかしいんですが、
まあそれは主に『幼年時から見た将来』のお話。
『今』から見れば20年後30年後に完成したい未来像ってのは、
現時点での『将来の夢』になりえますよね。
この命続く限り、一秒先だって立派な未来なんだ! 死ぬまで青春だ!
で私の今の将来の夢。

アシュラマンになりたいんですよ。

現在私の映画制作における『第3の腕』はいるんですよ。
まあ例の弁慶っぽい彼ですが相当信頼を置いてます。
『第4の腕』も相当やり手ですが、居住地が離れているので動きが少々鈍いのが惜しいところ。
『4.5の腕』もまあいるんですよ。でももともと映画に特に興味がなく
義理で付き合ってくれてた感じで、最近結婚しちゃったからあまりこの先期待薄。
でアシュラマン、6本腕がありますよね。
あと1.5本腕が欲しい。助監1人に製作0.5人。
どうにか今回コンタクトをとってきてくれた高校生2人組みを
レギュラーメンバーに組み込みたいところです。

てなわけでもう一度告知。
2月末~3月中の2日間で24やります。
また告知するのでご参加お待ちしております。
映像の現場を何も知らないウブな高校生の度肝を抜いてメロメロにしてしまおうではありませんか。

近況

いわき市『非』公認のご当地ヒーロー映画『磐城七浜 ワダツミセブン』第4話制作開始。(2017年1月)

プロフィール

KAZAMI/羽賀慎一郎

Author:KAZAMI/羽賀慎一郎
風見映像スタジオ代表。
いわき市非公認ご当地ヒーロー映画『磐城七浜ワダツミセブン』監督・脚本・編集・プロデューサー。

福島いわきを拠点とし、市民参加型映画製作をしています。
人の生理に訴えかけられるような作品づくりが目標です。作品を通して、観て頂いた方々に、正のものであれ負のものであれ、何らかのEMOTIONを喚起できれば幸いです。

■いわき市非公認ヒーロー映画「磐城七浜ワダツミセブン」過去作品動画まとめページは<こちら>
ワダツミセブン公式サイトは<こちら>

■第2回いわきぼうけん映画祭実行委員会製作作品『R』、2013年2月完成。
まとめページは<こちら>

■2011年製作 自主映画『白薔薇が紅に染まるまで』まとめページは<こちら>
動画まとめページは<こちら>

■風見映像スタジオは『いわきぼうけん映画祭』を熱烈に応援しています。
<いわきぼうけん映画祭公式サイト>

■香盤表・ロケスケのテンプレのダウンロードは<こちら>

■コンタクトは下記メールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。