061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

date :2012年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画祭&募集】ろまろけ#4

3回目のロケ終わりました。
午前中はあの猛暑の中の屋外ロケ、
午後はスタジオグローにて、音のためにほとんどクーラー切りロケ、
というどっちにしろ暑いロケになりました。

今回の出演者はほぼ現役ミュージシャンですから、
スタジオロケは張り切る張り切る!
芝居中のしおらしさはどこへいったのか、
楽器持ったらこれが俺の本当の力だと言わんばかりの笑顔っぷり。
水を得た魚か楽器を持ったRメンバーか、というレベル。
今回も演奏シーンは少ししかありませんでしたが、
まー皆さん楽しそうに演じられてました。
……が、そのメンバーらの親分的ポジションであるスタジオの管理人役が音楽未経験者という。
そんなスタジオ管理人役、劇団いわき小劇場の横山さんをメインにお招きしての、
恒例・ろまろけ#4です。

■youtube
ろまろけ #4 潜入、ミュージシャンの巣窟
http://youtu.be/FrprGWBZptg



やべぇちょっと横山さんからみにくいカモ…!?


そして次回、8/10ロケのちょい役募集です。


■募集
8/10(金)
①Rのおっかけファン役(1人)
年齢:不問 高校生~おっさんまで
性別:できれば男性
撮影場所:豊間海岸沿い
イメージ:こういっちゃ失礼ですが『キモオタ』
出演シーン:S-12A・B(多少セリフあります。撮影時間は午前中2時間程度)
※この役、多分やってて相当楽しいと思います。

②いじめっ子男子高校生役(2人)
年齢:高校生に見えるレベル
性別:男性(チャラ目)
撮影場所:ペデストリアンデッキ(予定)
出演シーン:13E(アドリブあり。撮影時間は昼間30分程度)


ご興味を持たれた方は、下記までご連絡下さい。
演技経験不問です。お気軽にご参加下さい。
銀幕デビュー、しませんか。
ロマンチックに、ロケしよう。

090-8052-6504 / at-kazami@ezweb.ne.jp
羽賀
スポンサーサイト

S-14改訂

S-14 改訂

スタジオにバイト来る。
バイト「おはようございます」
管理人「ああ、おはよう」
バ「今日も…ゼロですよね。何しましょう、外の草でもむしりましょうか!」
管「あ、ああ、カズヤ君さ、肉体労働とか好きじゃない?汗流す系。俺の知り合いが土建屋やってるんだけどさ…」
バ「クビ、ってことですか」
管「いや、クビってのはちょっと違うんだけど、それに今すぐにってわけじゃ…」
バ「このスタジオ、閉めちゃうんですか」
管「……」

【映画祭】ろまろけ#3 ロマンティックにロケしよう

ソニックロケ無事終了!
1週間前まではエキストラ、え?一桁? 大丈夫なの?
という状態でしたが、出演者の皆さんの声掛けなどにより、
結果、総勢36名もの方にお集まり頂き、
なかなか盛り上がったライブ(の幕間)シーンを撮影することができました。

でおなじみ、ろまろけ#3です。
http://youtu.be/XsdR2jyTifg


エキストラの皆さん、スバラシイですね!
ご参加頂いた方、ちゃんと映ってますか?!
このメイキングでは数カットしか載せていませんが、
本編ではもっと観客側の画使いますので大丈夫!

やはりエキストラ有りの撮影というものは相当プレッシャーでテンパるもので、
バタバタと拙い撮影現場ではありましたが、
楽しんでいただけたなら幸いです。
今回は『撮影』ですが、映画はスクリーンに映り、人に観られて初めて映画となります。
是非完成形の作品をご覧頂き、この『R』という作品の世界の中の
キャストとしての御自分の姿を見届けて頂ければと思います。


撮れ高的には問題ないんですが、製作的な反省というと……、
あの量の撮影を、楽器の音出し・チューニング等スタンバイ時間込みで
1時間でやろうというのは無謀だった…。
時間に余裕のあるスケジュール組まないと。

あー、あと音のラインもらうの手間取ったなぁ。
私、生音録音以外の撮影したことないもので、
ソニックのスタッフの皆さん、手間取らせて申し訳ありません。


さてさて、そんなわけで前半の山場を終え、
以降は少人数の怒涛のサクサクロケへと入ります。
出演者のスケジュール上、8月までに作品の7割を撮り終えます。
で、映画祭当日(来年2月)にクランクアップしつつ、完成させ上映、と。
引き続き応援・ご協力のほどよろしくお願い致します。

【映画祭】プレッシャー倍率ドンロケ

これまで私が監督した作品で、参加人数の最大規模というと25名くらいだったんですが、
今日の『R』いわきソニック・ライブシーンロケは、それを超えそうです。

私が特に神経を使うロケの一つが『エキストラがいるロケ』です。

普段のメインキャストのみの少人数ロケであれば、
製作・出演者間で当然既に企画趣旨やら作品内容に共通認識があるわけで、
進行もそりゃスムーズなわけです。
撮影が進行していくごとに信頼関係も生まれ、撮影もどんどんやりやすくなっていきます。
が言ってみればそれは『慣れ』です。
更に言えば『馴れ合い』です。
製作サイドとしては、ちょっとした準備不足やら不手際があっても
「ゴメン」で許されるよね許してね!テヘ、といったような甘さが出てきます。
勿論それは演者サイドにもあるでしょう。

が、今回は0スタートのエキストラの皆さんを交えてのロケです。
その『慣れ』状態で臨むと、初見のエキストラ参加者の目にどう映るか。
「ぐだぐだ」、「自主映画ってこんなもんなの?」、「所詮自主」、
「いわきぼうけん映画祭ってのも大したことないな」などなど。

そうソレ、最後のが特に問題です。
今回の作品は私の監督作品ではありますが、
『いわきぼうけん映画祭企画作品』の看板を背負ってるんですよ。
次回は第2回となる映画祭ですが、その情報をこのロケ現場で初めて知る方々の
いわきぼうけん映画祭というものに対してのファーストインプレッションとなるわけですよ。
これはなめられちゃあかん。
普段の私個人の作品以上に良い現場にせねば。


そしてもう一つ私にプレッシャーを課すものが『ロケ地時間縛り』です。
いわきソニックという地元で盛況のライブハウスを借りたのですが、
2100~2200の1時間のみなんですね。
撮影シーン自体はそんなに多くはないんですが、
上述の通り『エキストラあり』ロケということもあいまって、
プレッシャー倍率ドン、更に倍!といった様相です。


さて、そんなところで改めて告知を。

本日、7/18、いわきソニックロケのエキストラ出演者を募集しています。

■日時:7/18(水)
■集合:20:45
■撮影:21:00~22:00
■場所:クラブソニックいわき 【地図】
<役柄> ロックバンドのライブの観客
<年齢性別等> 不問
<服装> 持ちうる限りのロックな服装で!
<季節設定> 初夏
※大変恐縮ですがギャランティーはありません。粗品はご用意してあります。
※実際に歌う・演奏するシーンはありません。
※車でお越しの際は、付近のコインパーキングをご利用下さい。
ソニック入り口付近でスタッフが「映画エキストラ受付」的な文言を書いた
スケッチブックを持っていますので、そこで受付を済ませて下さい。

企画趣旨などは<こちら>


今回の企画は「映画を観るのは好きだけど、製作に参加したことがない」一般の方々を巻き込み、
撮影に参加して頂き、スクリーンに映ってもらい、
その自分の姿に笑ったりなんなりしながら映画製作に親しんでもらおうという企画です。
皆様のご参加、お待ちしております。

【映画祭】ろまろけ 第2回 好きです相馬クランクイン

行ってきました相馬!
クランクインです、緊張の撮影初日です。
撮れ高的にはばっちり申し分ないのですが、
まあ現場はちょっとしたイレギュラーなトラブルもありつつ……。

そのへんも含めご覧下さいませ。

■youtube ろまろけ 第2回 好きです相馬
http://youtu.be/EEIY07QVVws

【映画祭】ロマンチックに、ロケしよう

現在進行中のいわきぼうけん映画祭実行委員会製作作品『R』ですが、
これは「映画祭に来るお客さん、また一般の映画制作未体験の方、を映画制作に巻き込み」、
また「映画制作の進捗状況を逐一公に公開し、その製作過程を共有する」ことを目的としています。
ってことで、映画制作現場を写真やブログのテキストでなく
『メイキング映像』として残そうじゃないかと。

というわけでこれからロケごとに、毎回『R』メイキング『ろまろけ』を配信していきます。

第1回は……ろまろけとか言っておいて早速ロケじゃないんですけど、
出演者の初顔合わせと読み合わせです。
一応『メイキング』と謳っていますが、まあ『スタッフルーム雑談』的なものです。
イメージとしては徹子の部屋か、TVタックルの喫煙所か。



しかし読み合わせというと私は演技をちゃんと聞いてもろもろ指導をせにゃならんわけですが、
そっちに専念してるとメイキング映像が撮れない。当然ですが。
ですので今回も、読み合わせ本番中の画がないです。
メイキング専任カメラマンがやはり一人欲しいところです。

ロマンチックに、ロケしよう。

近況

いわき市『非』公認のご当地ヒーロー映画『磐城七浜 ワダツミセブン』第4話制作開始。(2017年1月)

プロフィール

KAZAMI/羽賀慎一郎

Author:KAZAMI/羽賀慎一郎
風見映像スタジオ代表。
いわき市非公認ご当地ヒーロー映画『磐城七浜ワダツミセブン』監督・脚本・編集・プロデューサー。

福島いわきを拠点とし、市民参加型映画製作をしています。
人の生理に訴えかけられるような作品づくりが目標です。作品を通して、観て頂いた方々に、正のものであれ負のものであれ、何らかのEMOTIONを喚起できれば幸いです。

■いわき市非公認ヒーロー映画「磐城七浜ワダツミセブン」過去作品動画まとめページは<こちら>
ワダツミセブン公式サイトは<こちら>

■第2回いわきぼうけん映画祭実行委員会製作作品『R』、2013年2月完成。
まとめページは<こちら>

■2011年製作 自主映画『白薔薇が紅に染まるまで』まとめページは<こちら>
動画まとめページは<こちら>

■風見映像スタジオは『いわきぼうけん映画祭』を熱烈に応援しています。
<いわきぼうけん映画祭公式サイト>

■香盤表・ロケスケのテンプレのダウンロードは<こちら>

■コンタクトは下記メールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。