071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ロケ】10/25 伝承郷ラスト その2

■S-38 伝承郷 道
奥州白河藩・清川村の一大事。
何やら騒がしい。
……画面右手の手前にいるのは、主人公の清十郎では…?
一体及び腰で何をやっているのか。
w1.jpg

なんと! 村一番の器量良しの千代が、怪しい男たちに絡まれている!
w2.jpg

なんというタイミングか。うまい具合にそこへ通りがかる誠士郎とすみ。
誠士郎「一晩宿を借りたいんだが」
村民「ハ? この状況で何悠長なこといってるんだよ! アイツらを何とかしてくんちぇ!」
w3.jpg

悪漢「なんだオメー侍かぁ? やるってぇのかぁ?!」
こういうキャラクターは大抵の場合どうなるかというと…。
w4.jpg

誠士郎、かっこいいカット。
w5.jpg

村人からの喝采を浴びる誠士郎。
w6.jpg


■おまけ 伝承郷 猪狩家 清十郎のスト-キング現場をカメラが捉えた。
w7.jpg


毎度のことですが、今回のロケはいつにも増してたくさんの協力を頂きました。
出番が1シーンがないのに文句を言わず来てくれた関東組。
メイクやら小道具出しやら、専門外のことをこなしてくれた出演者。
おせおせの現場で(結果時間が余りましたが)全力で殺陣指導をしてくれた先生方。
相変わらずの晴れ男パワー。
少ないギャラで参加してくださったエキストラ(と言うのも憚られる)の役者の皆さん。
営業時間外にも関わらず露天風呂に入れてくれた旅館。
大勢の来客の中、結構大人しくしていたうちの犬。
そして、何かとフレキシブルに動いてくれた某巨漢。

一人、また一人とクランクアップしていく時期に来ている今日。
あと3回、うまく行けば2回のロケで今企画はオールアップとなります。
もうしばしお付き合い下さいませ。

■残りシーン
【勿来 阿弥陀神社】
S-3 巴 対 権太
9 寄り合い
10 待ってよすみさま(撮り直し)
インサート用若勢・娘組立ち画(個人・集合)
46 寅安対伊藤ら
45 祭りだワッショイ
48 決戦~すみトランス

【田】
49 若勢 日常

【未定】
12.5 先代伊藤対誠士郎

【勿来の関】
55.5 孝之助清川イン

【森】
51 戊辰戦争の最中 運命の再会
52 同上 2

【未定】
清十郎の思い出インサート数個

・・・・・・やっぱ4回くらいかかる気がしてきました(’’;
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

どう少なく見積もっても4回ですな(^_-)-☆

いや、今回の超ハイペースなら3回でもいけるかも!?

阿弥陀神社と勿来の関で1回、
戊辰戦争シーンで1回、
清十郎過去回想思い出シーンで1回。
……うまく2泊3日ロケとか出来ればいけなくもない気もしますが、
いけないんだろうなぁ…。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

近況

いわき市『非』公認のご当地ヒーロー映画『磐城七浜 ワダツミセブン』第4話制作開始。(2017年1月)

プロフィール

KAZAMI/羽賀慎一郎

Author:KAZAMI/羽賀慎一郎
風見映像スタジオ代表。
いわき市非公認ご当地ヒーロー映画『磐城七浜ワダツミセブン』監督・脚本・編集・プロデューサー。

福島いわきを拠点とし、市民参加型映画製作をしています。
人の生理に訴えかけられるような作品づくりが目標です。作品を通して、観て頂いた方々に、正のものであれ負のものであれ、何らかのEMOTIONを喚起できれば幸いです。

■いわき市非公認ヒーロー映画「磐城七浜ワダツミセブン」過去作品動画まとめページは<こちら>
ワダツミセブン公式サイトは<こちら>

■第2回いわきぼうけん映画祭実行委員会製作作品『R』、2013年2月完成。
まとめページは<こちら>

■2011年製作 自主映画『白薔薇が紅に染まるまで』まとめページは<こちら>
動画まとめページは<こちら>

■風見映像スタジオは『いわきぼうけん映画祭』を熱烈に応援しています。
<いわきぼうけん映画祭公式サイト>

■香盤表・ロケスケのテンプレのダウンロードは<こちら>

■コンタクトは下記メールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。