091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

【雑記】プロの現場を終えて

制作部付きの車両としての20日間のバイトが終わりました。

色々思うところはありますが、特に考え深い点を記してみるに。

■プロってーのは
各部署、それぞれのプロフェッショナルが自分の仕事をこなす!
……が自分の範疇以外の仕事は完全スルー。

■偉そう
人止めとか音止めとかが、なんだか傲慢。
「一般の方々の生活を妨害している」という自覚がない感じ。
ギョーカイ人という肩書きに特権階級的な力でも感じているのか?
ボランティアエキストラへの対応も、
ちょっとしたミスなんかしようものならまるで邪魔者扱い的な物言い。

■オ・ト・ナ・の・イ・ジ・メ★
これは私が主に行動を共にしていた制作部の話ですが。
不公平とか理不尽とか不条理とか、それ系の類の言葉を尽くしても語りきれない、下の者に対する非人道的扱い。
「ギョーカイなんてそんなもんだ」と言われてしまえばそれまでですが、古いよなぁ…。
感情のみで怒鳴り散らしたり、自分の責任を転嫁しまくりな人々ばかり。
現場の全体的な動きとして極めて非効率。


以上3点が特に気になった所です。
まーそんなこと言っても、完成した作品は素晴らしいものになるのでしょうから、
結果オーライで済ませればいい話かもしれません。
『結果オーライ』って言葉、私は大嫌いですが。

しかし上記3点が、うちの現場で完全にクリアできているか、と問われれば完全というわけでもありません。
反面教師にして更なる現場の改善に努めたいところです。

まあ色々書きましたが最終的に思うところは、やっぱ映画製作は自主がいいわ、です。
あ、でもそんな中にあってプロの現場にいる方々を尊敬していることはしているのです、色んな意味で。
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

> ギョーカイ人という肩書きに特権階級的な力でも感じているのか?

感じているんでしょうねー。
自分も若い頃はそう思っていましたから。(^^;
撮影させてもいらっているという気持ちは持っていきたいです。


>fukudaさん

ご無沙汰しております!
撮影中は思い通りにならないことが多々ありますが、
常に謙虚に行きたいですね。
例えば・・・インタビューであまりにも本編で使用できないような話しか引き出せない場合とか・・・確かにイラっとしてしまうのですが、抑えどころでしょうか。
いいことを話してくれない相手のせい、ではなく、相手のいい話を引き出せない自分のせい、というふうにストイックに行きたいものです。

ミクシィの足跡からきました。失礼ですが、あなたがどなたなのかわかりませんが、BOXに参加されていらしたようですね。
私も、はっぱさんの誘いで、わざわざ大阪からエキストラに参加したものです。
私も全く同じことを感じました。特に大人のいじめ。。。
オマエは昔、いじめられてたやろ?って見える人ほど、下の者には。。。って感じでしたね。
いい作品なだけに残念に思いました。。。

>うがちゃんさん

はじめまして。
私は車両部の・・・といっても運転している姿は見えていないはずなのでわからないとは思いますが…(笑)
2日目に現場の入り口で案内していた者、と言えばわかるでしょうか。
いやしかし、車両部ってのはなかなか客観的に現場を見られる、いいポジションでした。

>オマエは昔、いじめられてたやろ?って見える人

幼少期のこととかはどうだか知りませんが、そうやって現場で育って来たことは確かだと思います。
この悪習のストッパーがどこでかかるのか・・・今回私が常に同行していた制作進行の彼に期待したいところです。

3点もっとも

監督の御意見もっともです
様々な撮影に参加してこの3点はどの現場にも当てはまる事だと思っています。

>■プロってーのは
各部署、それぞれのプロフェッショナルが自分の仕事をこなす!
……が自分の範疇以外の仕事は完全スルー。

常識が大手企業と同じ感覚、お役所仕事的感覚
おめーら違うんじゃね~のと思うこと毎度


>■偉そう
人止めとか音止めとかが、なんだか傲慢。
「一般の方々の生活を妨害している」という自覚がない感じ。
ギョーカイ人という肩書きに特権階級的な力でも感じているのか?
ボランティアエキストラへの対応も、
ちょっとしたミスなんかしようものならまるで邪魔者扱い的な物言い。

今回は特に酷かった
「フラガール」でも最終日の応援スタッフがEXを牛や馬のごとく指示していたらしく「社長」帰る
どうも慇懃無礼系の流れのある親方中心のスタッフグループがあるんではないかとにらんでます、

■オ・ト・ナ・の・イ・ジ・メ★
これは私が主に行動を共にしていた制作部の話ですが。
不公平とか理不尽とか不条理とか、それ系の類の言葉を尽くしても語りきれない、下の者に対する非人道的扱い。
「ギョーカイなんてそんなもんだ」と言われてしまえばそれまでですが、古いよなぁ…。
感情のみで怒鳴り散らしたり、自分の責任を転嫁しまくりな人々ばかり。
現場の全体的な動きとして極めて非効率。

毎回腹が立つことがこれ!
スタッフのやり取りには口はさめないから余計に腹が立つ
そういう上は消えて欲しい(ーー;)

以上、毎度毎度のことながら悲しい思いは尽きません
これからもう少し今よりも口出しできるように精進いたします。



>はっぱさん

ほんとに独特の世界ですよね、現場って。

「偉そう」の件に関しては特に違和感があったのですが、
一般の人止めをする際の、「お静かに!!(ややキレ気味」→「カットー!」だけは腹が立って仕方なかったですね。
「申し訳ありませんお静かにお願いします」→「カットです、ご協力ありがとうございました!」くらいでないと。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

近況

いわき市『非』公認のご当地ヒーロー映画『磐城七浜 ワダツミセブン』第4話制作開始。(2017年1月)

プロフィール

KAZAMI/羽賀慎一郎

Author:KAZAMI/羽賀慎一郎
風見映像スタジオ代表。
いわき市非公認ご当地ヒーロー映画『磐城七浜ワダツミセブン』監督・脚本・編集・プロデューサー。

福島いわきを拠点とし、市民参加型映画製作をしています。
人の生理に訴えかけられるような作品づくりが目標です。作品を通して、観て頂いた方々に、正のものであれ負のものであれ、何らかのEMOTIONを喚起できれば幸いです。

■いわき市非公認ヒーロー映画「磐城七浜ワダツミセブン」過去作品動画まとめページは<こちら>
ワダツミセブン公式サイトは<こちら>

■第2回いわきぼうけん映画祭実行委員会製作作品『R』、2013年2月完成。
まとめページは<こちら>

■2011年製作 自主映画『白薔薇が紅に染まるまで』まとめページは<こちら>
動画まとめページは<こちら>

■風見映像スタジオは『いわきぼうけん映画祭』を熱烈に応援しています。
<いわきぼうけん映画祭公式サイト>

■香盤表・ロケスケのテンプレのダウンロードは<こちら>

■コンタクトは下記メールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード