071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【製作】まず完成させること

次回の6/6ロケには、当初予定されていたメンバーが二人ほどいません。
が撮影決行します。

「なんで役者揃ってないのに撮影しちゃうの?」
と突っ込まれる前に記しておきます。

賛否両論…いえ、否定的なレスポンスしか出ないと思いますが、
今回の作品の製作スタイルを「質」重視から「まず完成させること」重視にシフトしました。


大分前にこのブログでも紹介しましたが、
北海道むかわ町の老人たちが崔洋一監督の助力を得て製作した、
村をあげての自主映画『いい爺いライダー』『田んぼdeミュージカル』。
出演もスタッフもその村の老人らで、現場平均年齢は78歳。
合言葉は『完成するまで死ぬな、代役はいない』。
前回その記事を紹介した際には笑い話として書いた気がします。

うちの現場の役者さんが、先日一人亡くなりました。
その方の役柄は農民、エキストラです。
出てくるシーンも極わずかですし、これからの撮影に必須の出演者ではありません。
しかし、どんな小さな役であったとしても、『完成品を見せられない』、
この苦痛は監督として耐え難いものがあります。

それが劇場映画のバイトエキストラなんかだったらまだマシでしょう。
しかしうちのは、あくまで自主映画ということで、
出演者・スタッフの善意によって支えられている現場です。
『完成作品を見せる』その前にまず『完成させる』、
これは知名度もなくギャラもそんなに払えない自主映画監督として、
関係者へ対する最大の責務であり、謝礼でもあると考えます。

以上のようなことを踏まえ、
例え多少の物語の矛盾が発生したり、クオリティーの低下があったとしても、
『まず完成させる』ことを第一に製作していきます。主にスケジュール組みで。
ご了承下さい。

一時の感傷と言われりゃそれまでかもしれませんけど。
辛いですよ。
勿論、みんな揃って撮影できないのも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment


   間違ってないと思います。

 物より人に重きを置く人のほうが

 ぜったいにいい物は作れるとわたしは信じていますから。


 是非、がんばって完成させてくださいね^^
 監督のその心を、喜ぶ人が必ずいます。

>大久保さん

皆が皆納得してくれるといいんですけどねぇ。
製作費や製作期間に営利的な制限のないのが自主のウリである、
と大分前に書いた気がしますが、
その逆をやろうとしちゃっているもので。

しかしクランクインから早2年。
社会人自主映画の製作進行の難しさを改めて感じます。

考えが変わったっていいし、矛盾してこそ人間じゃないですか?

そこにプライドと愛があれば、カッコイイと思います^^v-218

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

近況

いわき市『非』公認のご当地ヒーロー映画『磐城七浜 ワダツミセブン』第4話制作開始。(2017年1月)

プロフィール

KAZAMI/羽賀慎一郎

Author:KAZAMI/羽賀慎一郎
風見映像スタジオ代表。
いわき市非公認ご当地ヒーロー映画『磐城七浜ワダツミセブン』監督・脚本・編集・プロデューサー。

福島いわきを拠点とし、市民参加型映画製作をしています。
人の生理に訴えかけられるような作品づくりが目標です。作品を通して、観て頂いた方々に、正のものであれ負のものであれ、何らかのEMOTIONを喚起できれば幸いです。

■いわき市非公認ヒーロー映画「磐城七浜ワダツミセブン」過去作品動画まとめページは<こちら>
ワダツミセブン公式サイトは<こちら>

■第2回いわきぼうけん映画祭実行委員会製作作品『R』、2013年2月完成。
まとめページは<こちら>

■2011年製作 自主映画『白薔薇が紅に染まるまで』まとめページは<こちら>
動画まとめページは<こちら>

■風見映像スタジオは『いわきぼうけん映画祭』を熱烈に応援しています。
<いわきぼうけん映画祭公式サイト>

■香盤表・ロケスケのテンプレのダウンロードは<こちら>

■コンタクトは下記メールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。