091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

アップ、その後。

もう何から書けばいいのかわからない状態ですが、
まずは当日参加の皆さん、ありがとうございました。

クランクインから2年か~。
ロケ回数的には18回しかないわけですが、うーん、長い。
2年あったら何が出来る。
生まれた赤ん坊は歩けるようになっているだろうし、
桜は2回も散ったり咲いたりしてしまう期間なわけですよ。
揃いも揃って、皆さん2才歳をとらせてしまいましたね。
2年という超ロングスパン、しかもロケの間が大分空いてのこの企画で、
最後まで降板ナシに撮影が終わったこと(後半強引なスケ組みはありましたが)、
もう本当に感謝の一言しかありません。


今回の企画の大きな問題は2点。
スケジューリングと移動手段(交通費)でした。

そのスケジューリング。
今回の出演者は、役者・役者志望の方々が3割、
一般のカタギ(笑)の方が7割くらいなんですが、
本業役者と一般市民のスケジュールは合わない!
本業役者同士のスケジュールも合わない!
という期間が続出。
2年もかかった一番の要因です。
いやわかってる、わかってます!
皆さん忙しい合間を縫ってスケを空けてくれたのはわかっている!
しかしこれは完全にキャスティングの問題で、製作としての私の責です。

しかしですね~。
昨日のロケ素材を見ると~。
あー2年もかかったけど、やっぱこの人じゃなきゃダメだったわ~、
それ以外のキャストもう考えられないダメダメ、
といったはまり具合なわけで。
どの役をとっても代わりは見つけにくいんですよね。
まあ端的に一言で言うと、「あんたに頼んでよかったよサンキュー」それだけです。

とか感情抑えた気取った書き方をしていますが、
今回の現場では感情殺しまくりました私。
素材に入っている自分の声「よーいはい」「かっと」とかを聞いてると、
感情殺してるどころかのんきな感じで、役者さんらとのギャップが激しすぎる。
これ役者の皆さんやりにくかったかもしれないな……。
なんと言いますか、もっと私もノリノリでいけりゃよかったのかもしれないんですが、
私が役者に呑まれないように必死、とでも言いますか、そんな状態でした。
役者の演技に呑まれる監督ってなんなのよ、と自分でやってて不甲斐なく思いますが、
事実そうなんだからしょうがないじゃん!
私正直者ですんで!
実はカメラ回しつつ涙腺が緩んだカットが2つありましたが、
必死に超ポーカーフェイスしてました。

うん、断言します。
あのカットで会場の2割が涙腺崩壊ですね。
そして畳み掛ける様にあのカットで涙ゾーンが拡大していきますね。
客席から漏れる嗚咽がイメージできる。
そこかしこから「がんばれ清十郎!」とか「死ぬな!」とか
「よく言った!」とか「ぶっ殺せ!」とか「そこは我慢するな!」とか飛んできますね。
いやそれは言いすぎですかね。

感性なんてのは人それぞれですが、
まずは私自身が感動できなきゃしょうがない。
これは確実に、大幅に予想をはるかに超えて、クリアしてます。
さてこれが、一般のお客さんにどれだけのエモーションを喚起できるか、楽しみです。

……アップしたけどまだ完成したわけじゃないし、
あまり総括的な話はやめときましょう。
俺たちの戦いはこれからだ!(少年ジャンプの打ち切り最終回風)
エディターKAZAMIの編集にご期待下さい。(少年ジャンプの打ち切り最終回の編集部コメント風)


あーそうだ。
久々に女を泣かせてしまった。
私もすみにおけない男ですね。
私が最も好きな人間の表情は、「泣き笑い」です。
48-10.jpg


■2~3ヶ月以内に内々での試写予定。
■一般公開は……悩み中。
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

大変お疲れさまでした!&見学させていただきありがとうございました。完成を楽しみにしています!!

9月中に予告編あげられるようがんばりま~す。
ついでに尺削りもがんばりまーす(TT

ありがとうございました

カタギなもんで、スケジューリング・演技等でご迷惑おかけしました。
クランクアップできて良かった(笑)
2年間の間に色々ありましたが、そんな色々も詰まった映画になりました。
この時は独身だ、この時は既婚だ、この時は…。
と自分の中での2年間が走馬灯のように感じる映画になり、個人的にも思い入れ深いものになりました。
映画、やっぱりいいッスね!楽しかったわぁ~。
本当、キャスティングしていただいてありがとうございました。

ノーギャラの自主ゆえ、「出てもらっているだけでもありがたい」
状態ですので~。

>2年間の間に色々ありましたが

おそらく、関係者の中で一番色々あったのでは・・・!
結婚とか、本当にデカイイベントとか挟んでるし。

本当に最後までお付き合い頂き感謝です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

近況

いわき市『非』公認のご当地ヒーロー映画『磐城七浜 ワダツミセブン』第4話制作開始。(2017年1月)

プロフィール

KAZAMI/羽賀慎一郎

Author:KAZAMI/羽賀慎一郎
風見映像スタジオ代表。
いわき市非公認ご当地ヒーロー映画『磐城七浜ワダツミセブン』監督・脚本・編集・プロデューサー。

福島いわきを拠点とし、市民参加型映画製作をしています。
人の生理に訴えかけられるような作品づくりが目標です。作品を通して、観て頂いた方々に、正のものであれ負のものであれ、何らかのEMOTIONを喚起できれば幸いです。

■いわき市非公認ヒーロー映画「磐城七浜ワダツミセブン」過去作品動画まとめページは<こちら>
ワダツミセブン公式サイトは<こちら>

■第2回いわきぼうけん映画祭実行委員会製作作品『R』、2013年2月完成。
まとめページは<こちら>

■2011年製作 自主映画『白薔薇が紅に染まるまで』まとめページは<こちら>
動画まとめページは<こちら>

■風見映像スタジオは『いわきぼうけん映画祭』を熱烈に応援しています。
<いわきぼうけん映画祭公式サイト>

■香盤表・ロケスケのテンプレのダウンロードは<こちら>

■コンタクトは下記メールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード