091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

【地震】REMEMBER

「この震災を舞台にした30分×4本くらいのオムニバス映画撮りて~」
と前チラっとツイッターか何かでつぶやいた気がします。

以下構想。

・オムニバス映画 30分×4本(ドキュメンタリーでもドラマでも何でも)
・監督は被災地の方で。出演者とかもできれば被災者で。

構想、とか言って2点しか挙がらない。

さて、何でオムニバスなの?ってことですが、
この震災(で起こった出来事・感情)を描くにあたって、
そんなの一つに絞れるわけないじゃん、と私がギブ(笑)した為です。
2点目にも掛かるんですが、ある事象を描くのに
その人の立ち位置ってものすごい重要だと思うんですよ。
人によって描き方全然違うと思うんですよ。

被災地に住んでいる人間、と一言で言っても、
同じ『被災地いわき市』でも「実際に家や家族を無くした人」
と「1日断水しただけの人」くらいの差があるわけで、
それを『被災地 対 外部』で考えると、その問題意識の差は歴然
(と言っても原発の問題はもはや日本全国の問題ですが)。
外から見たこの震災ってのも色々と描きようはあると思いますが、
ここは一つ「被災地の人間オンリー」でやってみたい。
なんかこう、気持ち的に、「俺達頑張ってるよ」「負けてねーよ」感が出るじゃないですか。

そんなわけで『被災地の人間が多角的に描く311大震災』映画を撮りたいのです。


さてそこで、オムニバスってことで『通しのテーマ(芯・筋)』はやはり必要です。
通しのテーマがなければオムニバスにする意味がない。
通しのテーマってのは、何も難しいものじゃなく、
例えばCDにありそうな『R30男性の懐かしのバラード』とかそんなもんです。

多角的に描く、しかしその中に一本の芯を。

さて、何にしよう。

色々と渦巻きますね。
『人間の強さ』? 『復興へ向けてガンバッテマスアピール』?
ウズウズウズウズ。
『全国の支援者への感謝』? 『郷土愛』?
うずうずうずうず。

『Remember』。
思い出せ。
忘れるな。

お、いいんじゃないか。

事あるごとに書いてますが、
私「明日は明日の風が吹く」って言葉大嫌いなんですよ。
「え? 何そのエセポジ思考。そんな軽いノリでスルーして笑顔になってるんじゃねーよ。
反省して次に活かせよ」みたいな感じで。
ネガポジ全て受け止めていこーぜ、と。

で今回の震災の『Remember』。
私個人としてのエピソードは、支援物資を直でもらったのですよ。
正確には「群馬の友人から、いわきに向けた物資の搬入案内をした」なんですが。
その際に思ったRemember
「この借りは、ぜってー返す!今度群馬がピンチになったら行ってやるわ、覚えとけコノヤロー」
というもんだったので。

これは大分美談系ですが、例えば他にパッと考えうるものとしては、
・原発に苦しめられた。これからも反原発で戦い続けるぜ!
・被曝者差別を受けた。この屈辱、忘れるもんか!
・家族の絆が深まった! この家族の絆、永遠に!
・ご近所さんと連携とれるようになった! 道すがら挨拶しちゃったり!
とか。

と、こんな感じで構想を進めていくとします。
1パート30分じゃなくてもいいかなぁ。15分とかでもいいかなぁ。
その監督ごとのRememberをたくさん集めたいですねぇ。

まあまだ妄想段階なので色々変わるかもしれません。


とか思ってたらこんな記事・スレッド見つけた!

クドカン 東日本大震災のドラマを構想
http://kanasoku.blog82.fc2.com/blog-entry-17596.html

この中のレス
「生の映像が既にドラマ以上なのに更に創作してどうすんだよ 」
「陳腐なドラマ作るより、NHKと被災者が撮影した映像集をアーカイブ化して、
震災の恐怖を後世に残すだけで充分。」
は考え深い所ですね。

私はこれまで、映像ジャンルの中で『記録』を甘く見ていた節があり、
それを見直しましたが、あえてそれを映画にしたいってのは……次のエントリーにします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

出来上がったらどっかで上映しますか?(←超先走りすぎですけど)

No title

話早!
各地のチャリティーイベントとかにねじ込みたいですね~。

No title

作品集まるといいですねー。
ぼうけん映画祭でいわき部門に出品された方とか、是非今こそ撮って頂きたいです。

「創作してどうすんだよ」・・・ですかー。
ある意味、良い質問ですね(^^)

監督さーん

お久しぶりです!
昨日やっと水が出たよ~☆嬉しすぎるよぉ!
嬉しさのあまり記念カキコ(≧∇≦)
そして、どうでもいい話だけど…うちに来てくれてた給水車の人達、沖縄の人でした。沖縄ナンバーでビックリ!わざわざ沖縄から来てくれるなんて感激♪家まで重い水タンク運んでくれたし、しかもかっこよかった(笑)
じゃまたねー♪

お、帰ってたんですか。おかえりなさいそして水おめでとう

給水、『沖縄ゴザ隊』かな、ありがたいにも程があるね(笑)

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

近況

いわき市『非』公認のご当地ヒーロー映画『磐城七浜 ワダツミセブン』第4話制作開始。(2017年1月)

プロフィール

KAZAMI/羽賀慎一郎

Author:KAZAMI/羽賀慎一郎
風見映像スタジオ代表。
いわき市非公認ご当地ヒーロー映画『磐城七浜ワダツミセブン』監督・脚本・編集・プロデューサー。

福島いわきを拠点とし、市民参加型映画製作をしています。
人の生理に訴えかけられるような作品づくりが目標です。作品を通して、観て頂いた方々に、正のものであれ負のものであれ、何らかのEMOTIONを喚起できれば幸いです。

■いわき市非公認ヒーロー映画「磐城七浜ワダツミセブン」過去作品動画まとめページは<こちら>
ワダツミセブン公式サイトは<こちら>

■第2回いわきぼうけん映画祭実行委員会製作作品『R』、2013年2月完成。
まとめページは<こちら>

■2011年製作 自主映画『白薔薇が紅に染まるまで』まとめページは<こちら>
動画まとめページは<こちら>

■風見映像スタジオは『いわきぼうけん映画祭』を熱烈に応援しています。
<いわきぼうけん映画祭公式サイト>

■香盤表・ロケスケのテンプレのダウンロードは<こちら>

■コンタクトは下記メールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード