091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

【映画祭】『R』第4稿(1/3)

R 第4稿(4/24)

■登場人物
あかり(19)…いわきのそこそこ人気ロックバンド『R』のキーボード担当。内気。
ひかり(20~25)…あかりの姉。『R』のボーカル兼ギター兼リーダー。311震災津波で行方不明に。
ケンタ(20~25)…『R』のドラム。
ヤス (20~25)…『R』のベース。
REIKA(19)…『R』をライバル視するいわきのバンド『IWAKI 7HAMA EYE LIGHT』のボーカル。本名、山田栄子。
管理人…『R』御用達の練習スタジオ管理人。


■舞台設定
2011年5月~10月 いわき

■テーマ
亡くした人や風景・震災の被害やらつらい現状から目を逸らさず、受け入れ、越えろ。そして超えろ。主人公あかり、自立しろ。







S-0    ライブハウス【SONIC】
■あかり、ひかり、ケンタ、ヤス、EX20~50 ■ライブセット一式
※ S-1の各所にS-0をインサート。
※ 【要推敲】客がここでラストの歌を歌うか否か
   『R』ライブの一幕。
   会場内に響く『R』コール。(『ひかり』コール?)
   ステージ上のひかり・あかり・ケンタ・ヤス。

ひかり「(やや息上がり気味で)ありがとう。皆、まだまだ遊び足りない少年のようなキラッキラした目してるね、いいね好きだよ。じゃあもう一曲くらい歌っちゃおっかな~、どうしよっかな~」

   更に大きくなる『R』コール。

ひかり「OK……(以下メンバー紹介)それは歩く戦車か戦艦か、あるいはタダのデブか、全体重を乗せて今奏でる怒涛の打撃音、ドラム、ケンタ~!(ケンタソロ少々)
影は薄いがそういうダークサイドな雰囲気がステキに無口なナルシスト、ベース、ヤス~!(ヤスソロ少々)
そしてそして、うちのかわいいミステリアスインテリジェンスプリティーキュートで、えーと、とにかくかわいい、キーボード、あかり~~~!(あかりソロ少々)
    そして、ボーカル兼ギターは私ひかりで、本日最後の曲、行くぞ~!(客合いの手) 行っちゃうぞ~!(客合いの手) 本当にいいのか~?(客合いの手)
    OK。ロマンティックにロックしよう、R」
(体で『R』やりたいけど相当ギャグに)
S-1    ガレキ集積所【錦須賀or豊間】
■あかり ■壊れたギター
   ガレキの山の中を歩くあかり。
   ガレキの中から何かを探している。
   ガレキの山の頂上で壊れたギターを見つけ、手に取る。

タイトル『R』


S-2    音楽スタジオ ハコ内【スタジオ昭和】
   あかり、ケンタ、ヤス、スタジオ内でバンド練習風景。
   曲終わる。
   間。

ヤス 「やっぱりボーカルなしだとちょっとな」
あかり「……帰ってくるもん」
ケンタ「気持ちは……わかるけどさ、でももう5月だぞ? あれから2ヶ月経ってるんだぞ?」
あかり「お姉ちゃんは帰ってくる。お姉ちゃんが帰ってきたときに、なまってないようにちゃんと練習しておかなきゃ」
ヤス 「俺は、続けるなら新しいボーカル探した方がいいと思うけど。あ、あかり、お前やれば」
ケンタ「おいヤスなんでお前はそう―――」
あかり「私には無理、お姉ちゃんの代わりになんてなれない」
ヤス 「じゃあ誰か他の―――」
あかり「駄目! お姉ちゃんの代わりになれるボーカルなんていない」
ケンタ「そりゃひかりは最高のボーカルだと思うよ。俺がこのバンドに入ったのだって、ボーカルがひかりだからだし。俺だってお前と同じ気持ちだよ。でも……どうしようもないじゃん」
あかり「違う、そうじゃない! 私は待つ。お姉ちゃんは絶対帰ってくる」
ヤス 「埒があかねぇな。まあ現状ライブの予定はないから、今すぐどうこうって話じゃないけどよ」

   間。

ヤス 「俺バイトあるから帰るぜ」

   ヤス帰る。

ケンタ「……練習再開にはちょっと早かったな。ヤスも家のことで色々大変らしいから気が立ってるんだよ。もう少し落ち着いてから考えようか」
   
ケンタ帰る。
   と思いきやケンタ振り返る。

ケンタ「俺は……ひかりの跡を継げるのはお前しかいないと思うけどな」

   ケンタ帰る。
   取り残されるあかり。


S-3A    音楽スタジオ ホール【スタジオ昭和】
   ハコの外。休憩スペース。
あかり、溜息つきつつハコから出てくる。

ST管理人「大丈夫……?」
あかり「解散の危機、ってやつでしょうか」

   あかり、物販コーナーにおいてあるRのCDを手に取る。
   凛々しいひかりをメインにしたCDジャケット(自主制作CD風に)。

あかり「こんなときお姉ちゃんなら何て言ったと思います?」
ST管理人「『わかる! 私には痛いほどわかるよ! 大変だ、そりゃみんな大変だよ! でもだからこそ今歌うしかないんだよ! 何のために音楽やってんだよ、今歌わなくて、いつ歌うんだよ!』……とか?」
あかり「言いそう(笑)」

あかり、テーブルに着き、ふと掲示板を見やる。街コンのポスターが目に付く。

ポスター『いわき街中コンサート2011 10月○日・△日開催』


S-4    街コン会場各所(回想)【いわき駅前各所、アリオス】
   実際の2012街コン映像(もしくは過去素材があれば)。
   いわき駅前の各会場でコンサートが行われている様子。

あかりN「いわき街中コンサート―――街コン。いわき駅前の至る所にステージが設置さ           れ、アマチュアからプロまで、ソロからバンド・部活動まで、ジャンルもロックに               フォーク、ゴスペルに和太鼓まで、計100組を超えるミュージシャン達が集う、街を挙げた音楽の祭典。いわき中が音楽一色になる二日間」


S-3B    音楽スタジオ ホール【スタジオ昭和】
   回想戻り。
   街コンポスターを見つめるあかり。

スタジオ管理人「今年はやるのかなぁ。まだ駅前の復旧工事も終わってないし、また来年になっちゃうかなぁ。
ひかりちゃん、街コン好きだったよね。どのライブハウスよりも好きだって言ってたね」
あかり「街コンは特別なんです。ライブハウスは基本的に、聴きに来るべくして聴きに来るお客さんしか来てくれませんけど、街コンは通りがかる人全てがお客さんになりうるから、って」※『街コン出場は姉の夢』アピールもっとするべきか
ST管理人「なるほどねぇ、挑戦的でいいね。ひかりちゃんらしいや」
あかり「来週、大丈夫ですか」
ST管理人「大丈夫だよ、ガラッガラだからいつでも」
あかり「じゃあお願いします」

   ST管理人、翌週のスケジュール表に『R』記入。他スケジュールはガラガラ。『IWAKI 7 HAMA EYE LIGHT(以下「7」と表記)』のみちょこちょこ入っている。
  

S-5    学校 教室【いわき明星大学】
   学校外観。
中教室内で出席をとる教師。

教師 「根岸~…野木坂~…羽田~…日野~…フジ――」
あかり「あ、はい。日野、います」
教師 「おう、日野いるな。(教室を見渡し)……というかいるヤツ名前言ってもらったほうが早いな。はい窓際から」

教室内、ガラガラ。


S-6   学校 食堂【いわき明星大学】
   ガラガラの食堂で一人昼食をとるあかり。月見うどん。
   周囲の会話が耳に入る。

学生 「避難すんの?どこに?」「新潟かな。親戚がいるから」
学生 「放射線やばくね?」「でも落ち着いてきてるじゃん」「って言ったってまたいつ再臨界するか」「ただちに影響ないらしいじゃん?」「じゃあそのうち影響あるじゃん」
学生 「東電ボーナス出るんだって、80万」「うちの親父失業したんだけど。死んでいいよね」
学生 「学校って一時休学とかできんの? 学費返ってくんの?」「さすがにそういうのなんかあるんじゃね? あとで学生課いってみっぺ」
体育会サークル学生「夏の大会どうなんのかねぇ」「中止に決まってるじゃん」「えぇぇえまじかよ、俺の青春が」「残念だけど今はそれどころじゃねーっしょ」
REIKA「バンド、どうすんの」
   
不意にあかりの傍にREIKAと7メンバーが通りがかる。

あかり「山田さん……」
REIKA「山田って誰。私はREIKA。
……で、バンド続けるのどうするの? Rはひかり先輩あってのバンドだし、正直ドラムもベースも人並みだわ。勿論キーボードも然り」
7ドラム「REIKAさん、ひかりさんのことはまだちょっと今は……」
REIKA「(無視して)そんな状態で続けられるとは到底思えないけど、まあひかり先輩のいないRなんて、卵の入っていない月見うどんみたいなもんね」

   REIKA去る。7メンバー後を追う。
   あかり、うどんを見つめる。


S-7    音楽スタジオ ハコ内【スタジオ昭和】
   外観。満月。
ハコ内にあかり一人。待ちぼうけ。
   時計が19時になる。
   あかり、キーボードを弾き始める。が少し演奏したところでギターに持ち替え、荒々しく弾き散らす。
   携帯にケンタからの着信。あかり、気付かず。


S-9    ケンタ宅(実家一戸建て)【】
   2トントラックでケンタの引越し作業。終わりかけ。
   ケンタ・ケンタ両親に、友人2,3名とあかり・ST管理人も手伝っている。
ケンタの弟(中学生)・妹(小学生)も。
   最後の荷物を積み終え、ケンタがトラックの荷台の扉を閉める。

ケンタ「急に悪いな、助かったよ、ありがとな。店長まで一緒に手伝ってもらっちゃって、本当にすみません」
あかり「いいよ別に」
ST管理人「暇だし全然オッケー。たまには身体動かさないとね」

   ST管理人、タバコ吸いにその場を離れる。

ケンタ「……ごめんな。俺だけこっちに残ってもよかったんだけど」
あかり「しょうがないよ。子供の方が影響大きいっていうし。ちいちゃん(ケンタ妹)もう6歳になったんだっけ?」
ケンタ「うん、今年から小学校」
あかり「でもタイミングが良かったね、この時期だとまだクラスに馴染むのにも多少はラクだろうし」
ケンタ「でも福島から転校してきた子供がいじめに遭った、なんてニュースも見たし、ちょっと怖いな。どこだっけ、新潟の話だっけかな」
あかり「お兄ちゃんだもん、守ってあげないとね」
ケンタ「だな」

   ケンタ父・母、自家用車に乗り込む。

ケンタ父「(あかりらに)いや~皆さんありがとうございました。(ケンタに向いて)おい、そろそろ出るぞ~」
ケンタ「あいよ。じゃあそろそろ俺も」
あかり「……戻ってくる?」
ケンタ「落ち着いたら、な」
あかり「いつになるかな」
ケンタ「いつかな……。じゃ、なんかあったら連絡くれな」

   ケンタ、トラックに乗り去る。

あかり「行っちゃった……。なんで私、ここに残ってるんだろう」
ST管理人「まー放射線やら余震の心配やら色々あるけどさぁ。なんだかんだで、この場所に固執する何かがあるんでしょ? 郷土愛とか友達とか仕事とか……あかりちゃんの場合は?」

   トラック車内。トラックのサイドミラーに映る、取り残されるあかり。

ケンタ妹N「ねーねー、いいの? お兄ちゃん、太鼓どうするの? やめちゃうの?」
ケンタN「やめないよ。やめるわけがない。絶対、戻ってくるからな」


<続きはこちら>
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

カザミさんこんにちはあの白薔薇が紅に染まるまでの台本コピーで送ってくださいまいにおくっもらったやっ火事もえちあったので住所いわき市常磐湯本町八仙38番地市営住宅11-28
小川力栄ogachari@ezweb.ne.jp08060514860

Re: タイトルなし

小川さーん。本日送りました!

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

近況

いわき市『非』公認のご当地ヒーロー映画『磐城七浜 ワダツミセブン』第4話制作開始。(2017年1月)

プロフィール

KAZAMI/羽賀慎一郎

Author:KAZAMI/羽賀慎一郎
風見映像スタジオ代表。
いわき市非公認ご当地ヒーロー映画『磐城七浜ワダツミセブン』監督・脚本・編集・プロデューサー。

福島いわきを拠点とし、市民参加型映画製作をしています。
人の生理に訴えかけられるような作品づくりが目標です。作品を通して、観て頂いた方々に、正のものであれ負のものであれ、何らかのEMOTIONを喚起できれば幸いです。

■いわき市非公認ヒーロー映画「磐城七浜ワダツミセブン」過去作品動画まとめページは<こちら>
ワダツミセブン公式サイトは<こちら>

■第2回いわきぼうけん映画祭実行委員会製作作品『R』、2013年2月完成。
まとめページは<こちら>

■2011年製作 自主映画『白薔薇が紅に染まるまで』まとめページは<こちら>
動画まとめページは<こちら>

■風見映像スタジオは『いわきぼうけん映画祭』を熱烈に応援しています。
<いわきぼうけん映画祭公式サイト>

■香盤表・ロケスケのテンプレのダウンロードは<こちら>

■コンタクトは下記メールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード