071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画祭】リレーコラムボツ案

『ぼうけん』は終わらない


「自主映画とは何か」と問えば、
答えは「???」と疑問符のオンパレードとなると想像します。

自主映画とは、プロ・アマ問わず、流行やスポンサーや製作費やお客さんウケ等、
なにものにも縛られず、監督がその情熱の赴くままに、
高純度のエネルギーを映像というメディアに凝縮し発信するものです。
人気のタレントを使うように上から指示されたりしません。
社会的に問題があるから改変、なんて臆病な指示も出ません。
興行ラインを超えるのか製作費は回収できるのか、そんな計算も不要。
ゆえにどの作品も、濃い。
監督の個性が、まるっきり薄まらない生の強い意志が、スクリーンに爆発しています。

いわきぼうけん映画祭は、自主映画のコンペをメインとするいわきの映画祭です。
今回上映された48本の自主映画、焼肉で例えれば
トントロトントロトントロトントロ、といったところでしょうか。
網から火が噴きまくりです。
これらの普段なかなか目にすることのない、
しかし一般興行映画以上にエネルギーに満ち溢れた『自主映画』たちから、
ご来場下さった皆様に何かしらの感動や発見があれば幸いです。

 さて、今回はコンペの他にも、いわき市民の皆さんに出演して頂き
実行委員会でも自主映画を製作するというまさに『ぼうけん』的な企画も敢行しましたが、
これらにより皆さんにとって映画が益々身近なものになればと思います。
次回は2015年2月予定です。
まだまだ終わらない『ぼうけん』にご期待下さい。

608字(字数制限612字!)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いわきのローカル新聞・いわき民報の映画祭関連のコラムで、ボツにした記事です。
モッタイナイからここに。
映画祭実行委員によるリレーコラムで、私がアンカーの大役を任されたわけですが、
『銀幕デビュー~』企画のこと書きたいんだけど、
映画祭のリレーのシメの記事だし総括的な話がいいよなぁ、なんて思ってたら。
実行委員長から
「無難に書いたね。本当はもっと違うこと書きたいんじゃない? 羽賀君それでいいの?」
との言葉。
そこまで言われちゃ好きにやらざるを得ない!
ということで上記をボツにして好きに書いちゃいました。
その好きにやったヤツは、2/23掲載ですってよ。

……でもうち、いわき民報とってないんですよね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

近況

いわき市『非』公認のご当地ヒーロー映画『磐城七浜 ワダツミセブン』第4話制作開始。(2017年1月)

プロフィール

KAZAMI/羽賀慎一郎

Author:KAZAMI/羽賀慎一郎
風見映像スタジオ代表。
いわき市非公認ご当地ヒーロー映画『磐城七浜ワダツミセブン』監督・脚本・編集・プロデューサー。

福島いわきを拠点とし、市民参加型映画製作をしています。
人の生理に訴えかけられるような作品づくりが目標です。作品を通して、観て頂いた方々に、正のものであれ負のものであれ、何らかのEMOTIONを喚起できれば幸いです。

■いわき市非公認ヒーロー映画「磐城七浜ワダツミセブン」過去作品動画まとめページは<こちら>
ワダツミセブン公式サイトは<こちら>

■第2回いわきぼうけん映画祭実行委員会製作作品『R』、2013年2月完成。
まとめページは<こちら>

■2011年製作 自主映画『白薔薇が紅に染まるまで』まとめページは<こちら>
動画まとめページは<こちら>

■風見映像スタジオは『いわきぼうけん映画祭』を熱烈に応援しています。
<いわきぼうけん映画祭公式サイト>

■香盤表・ロケスケのテンプレのダウンロードは<こちら>

■コンタクトは下記メールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。