091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

【ロケ】11/9 田んぼ・阿弥陀神社 村民フルメンバー

11月8日、9日の前半戦最大のロケ、無事終了。
(先に断っておきますが、今回は長いですよ。
携帯からご覧の方、パケ代ご注意をば!)

今回は、作中の主人公らの『村』のフルメンバー、
そしてエキストラの皆さん19名をお招きしてのロケです。

EXの皆さんは午前8時集合。で、着替えに1時間半見て、9時半出発。
もろもろ打ち合わせを経て、10時撮影開始。

……と思っていたら。
え。
男性陣の着替え、15分かかんないで全員終わっちゃったんですが!
女性陣は多少着付けが面倒ですが、それでも予定より早く、
9時頃撮影開始。


■s35『葬式行列』 田んぼ道 村フルメンバー

震えます。寒さで。
いや、プレッシャーで。ここまで自分の映画で足が震えることがあったか。

EXの皆さん、謝礼金は用意してありますがそれは隠しておき、
『ノーギャラでの出演』を快諾して下さった皆さんです。
地元の方が大半ながら、中には東京・神奈川・埼玉からいらした方まで。
…なぜそんなことしてくれるのさ。
私は一介の『自主映画』監督ですよ。
なんのバリューもないですよ。
この作品はテレビでOAされるわけでもなければ、大々的な劇場公開も出来ませんよ。
役者らも、頑張ってくれていますし私はものすごいキャスティングだと思っていますが、
一般の方々からすれば『誰ソレ』状態の無名の者ばかりですよ。
今回の企画全般で、いわきでの製作を手伝ってくださっているリーダーの召集・人脈、
というのもあります。
これまで皆さんが、いくつもの映画でエキストラ『チーム』として参戦してきた
仲間たちだ、というのもあります。
よっぽど映画好きだということは容易に想像できます。
しかし、その3点を差し引いても、なぜ、私ごときの現場に、来てくれたのか。

わからない。皆目検討つかん。
しかし!来て頂いた以上は、「所詮自主か」そう思われぬようやるだけ!

さー1つ目、s35葬式行列いってみよう!

なんともなしに田んぼ道を歩いている主役・大野すみ。すると前から・・・。
sousiki1.jpg

沈痛な面持ちで歩く村民ら。その後姿も悲嘆に暮れて。
sousiki2.jpg

午前10時、このシーン終了。
さて、次はここから車で5分ほどの神社です。
移動の最中、ちゃんとついてきてくれるかなーと後ろを振り返ると…!
私の乗る先頭のステップワゴンの後ろには、ズラリ8台の列が。
ものっすごい大連隊です。これだけいれば多分戦車1台くらいには勝てそうです。


■S-8『紅白試合後』 勿来町白米 阿弥陀神社 村民フルメンバー

あ・・・ここで一つお詫びです。
先週末はメインキャストのみでこの神社のロケを行い、
「虫に刺されまくった」というハプニングがありました。
そこで、虫よけスプレー系は準備し、こちらに用意していたのですが、
この神社を要注意視するあまり、前の田んぼシーンでの注意を怠りました。
あの田んぼも大分派手にブンブンいっていたようで・・・申し訳ありません。

さて、村の憩いの場である神社境内。
若者らの組合(現在の青年団・消防団的なもの)『辰組』・『あげは組』の紅白試合後、です。
大将戦の勝負が決まった瞬間。静寂。
s8.jpg
その後、一同礼。
飛ぶ野次と喝采。
「いいぞよくやったー」「またがんばれよー」「だらしねーなーオイ!」等々。
そしてまた、この村の平和な一日が終わるのであった。


さて、お次のもう一つのシーンは、
ちょいと物語のターニングポイントの一つなので、出し惜しみ…。


というような感じで、9日の撮影は終了しました。
エキストラの皆さんの多大なご協力のお陰で、
この作品の舞台である「村」の雰囲気が完成しました。
寒さ・虫対策等至らぬ点もあったかとは思いますが、
本当にありがとうございました。

また、田んぼの虫刺されの件など、私が気が回らなかった、
まだ私の耳に入っていないことが多々あると思います。
文字通り「今後の参考に」させて頂き、
より良い現場作りへ向けて努めてまいりますので、
お気づきの点がありましたらこのブログへのコメントなり、
さとうさん経由でお伝え頂ければ有難く思います。

最後にメインへ。
9日は冷たくしてごめんね…。
私らのみのロケでもあのテンパリ具合ゆえに、
この日はそれが拍車をかけて急加速していましたね。
普段より段違いな数の視線が集中する中、素敵な演技をありがとう。
そして、助監2人を筆頭に、エキストラの皆さんに気を使ってもらって感謝ですよ。

11月2,3,8の撮影に関してはまたアップしていくので、どうぞお楽しみに。
スポンサーサイト

テーマ:自主制作
ジャンル:映画

コメントの投稿

secret

top↑

comment

すごい!!
頑張ってるね監督。

夢に向かってぶれずに頑張ってる君は素晴らしいよ。

完成が楽しみです^^

コメントありがとうございます。
KAZAMI、ガンバッテマス!
・・・「頑張ってる」とか自分で言っちゃうと胡散臭いんデスヨネー。

いわきでの上映会は、うわさの「アリオス」
(でしたっけ?いわき市東文庁舎の正面の劇場施設)
でやる予定ですので、是非是非お越し下さい。
といってもまだまだ完成には時間がかかりますが・・・。

お疲れ様です

監督、お疲れ様でした。
助監督だった僕がもっと動ける人間だったらと……監督が気持ちよく撮れるようにサポートができず、ごめんなさい!
次回は、役者として頑張ります

お疲れ様でした&ありがとうですよ。
映画の現場ということで、舞台とは似て非なる
動きを要求したとは思いますが、
十分すぎるほど応えてもらいました。
慢性的なスタッフ不足なわが現場ですが、
次回は役のほうを大・期・待!

先日のロケお疲れ様でした!!

>私は一介の『自主映画』監督ですよ。
なんのバリューもないですよ。
この作品はテレビでOAされるわけでもなければ、大々的な劇場公開も出来ませんよ。
役者らも、頑張ってくれていますし私はものすごいキャスティングだと思っていますが、
一般の方々からすれば『誰ソレ』状態の無名の者ばかりですよ。

だから、参加してくれたんですみんな
俺たちが出なきゃ誰もでねーべよって事で

「フラガール」撮影当時はいわきの関係者は冷ややかな態度
予算が無くてエキストラの記念品はハワイアンのボールペンに
助監督のTOBちゃんが苦肉の策で製作した参加記念カード
ボールペンだってハワイからの協力ではありません・・・

参加していた関係者やエキストラはアホ呼ばわり

結局、映画を作ることで現代に当時を再現しちゃってたんですね
ガールズ達が映画関係者という形になって

あの中で映画ファンなんて俺含めてほんの数人
あとはズブの素人です、
しかし、あの時の現場のスタッフ達の真剣さに触れてきているので映画の醍醐味を肌で感じているから今回のような動きになったんだと思います。

あの「フラガール」のメインエキストラ大挙出演!!!
ってキャッチつけちゃってよ(*^^)v











大丈夫だとは思うのですが

今更ながら,sousiki2の写真は車が写り込んでますね。
きっと,NGのものをUPしてるのかなとも思ったのですが,一応,気がついたので書き込みました。

>はっぱさん
>俺たちが出なきゃ誰もでねーべよって事で

た、確かに…。

>結局、映画を作ることで現代に当時を再現しちゃってたんですね
>ガールズ達が映画関係者という形になって

映画の枠を飛び出したドラマですね。
ドラマティック具合ではウチも負けちゃいないような気がしますよ!

>あの「フラガール」のメインエキストラ大挙出演!!!

吹きましたw これはどこかで必ず入れねば・・・!
お客さんが倍以上になりそうなヨ・カ・ン。

>がくくん
>車が写り込んでますね

おぉぅ、よく目が行き届いてますネ!
カメラがパンとかしちゃうと消すのは至難の業なんだけど、
FIX(固定)なら余裕で消せるっぴよ。
ご心配おかけしました(’’*
そして前の日記に書いた、マイクの写りこみを消す膨大な数の
作業が私を待っている…。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

近況

いわき市『非』公認のご当地ヒーロー映画『磐城七浜 ワダツミセブン』第4話制作開始。(2017年1月)

プロフィール

KAZAMI/羽賀慎一郎

Author:KAZAMI/羽賀慎一郎
風見映像スタジオ代表。
いわき市非公認ご当地ヒーロー映画『磐城七浜ワダツミセブン』監督・脚本・編集・プロデューサー。

福島いわきを拠点とし、市民参加型映画製作をしています。
人の生理に訴えかけられるような作品づくりが目標です。作品を通して、観て頂いた方々に、正のものであれ負のものであれ、何らかのEMOTIONを喚起できれば幸いです。

■いわき市非公認ヒーロー映画「磐城七浜ワダツミセブン」過去作品動画まとめページは<こちら>
ワダツミセブン公式サイトは<こちら>

■第2回いわきぼうけん映画祭実行委員会製作作品『R』、2013年2月完成。
まとめページは<こちら>

■2011年製作 自主映画『白薔薇が紅に染まるまで』まとめページは<こちら>
動画まとめページは<こちら>

■風見映像スタジオは『いわきぼうけん映画祭』を熱烈に応援しています。
<いわきぼうけん映画祭公式サイト>

■香盤表・ロケスケのテンプレのダウンロードは<こちら>

■コンタクトは下記メールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード