091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

【映像】す…すくりぷたー?

11月9日ロケ分までの粗編集が終わりました。
『真面目な』殺陣シーンは素材そのまんまなんですが、
CGを前提とした『真面目じゃない』格闘シーンなんかは、
ちょっとまだ見るに耐えない…(笑

今回のロケで大分私の腕もなまっており、
前に記したように、フォーカスの甘さ、マイクの入り込み等様々なミスがありますが、
今回通して編集してて更に一丁追加!

「カットがつながっていない」

・・・具体的に言うと、前のカットで腕組んでた役者が、次のカットでは刀持ってたり、等、
さらっと見てればわかんないかもしれないんだけどよーく見てればバレるかもしれない、
というカットの繋がりの矛盾です。

やはり多いのは腕の位置・仕草、体の向き、ですね。
「アレ、さっきコイツあっち向いてたよな」、と。

救護策は以下の通り。
①その繋がっていない2カットの間に、インサート(その場のイメージ的な無難なカット。
 空とか森とか花とか誰かの表情とか色々)を1カット入れる。
②・・・・・・あれ、②とか書いたけどこれしか思いつかないわ。

こういうミスはどうやって防ぐかというと、それはスクリプターと呼ばれるパートによります。
あまりスクリプターまでスタッフィングできないもんで、
専門時代の知識のみですが、スクリプターとは一言で言うと、
「全てのトラックのOK・NG、その他の情報を記録しとく人。監督の女房役」でしょうか。
OK・NGを記録する、なんてのは、自分で撮影し自分で編集する
わが現場には全く不要ですが(同じ理由でカチンコもうちの現場では不要)、
『その他の情報』これが曲者。上述の、腕の位置だったり体の向きだったり。
役者一人のカットならともかく、5人も6人も同時に芝居してるカットだと、
さすがに全員の細かいところまでは、完全には目が届きません。
そういうところでスクリプターがいると、大分救われる箇所があるのでしょうねぇ。

しかしながら、助監督の工面にも苦労している今企画。
今からスクリプター探しというわけにもいきません。
ゆえに、役者さんには更に負担を強いることになりますが、
「OKトラックのカット終わりの格好を覚えておいて」頂ければ有難いです。
ほんと、製作側の不手際が多くて申し訳ないんですが・・・。
追記)
私の勝手なスクリプターのイメージとか。

●「監督の女房役」の文字通り、女性が多い。
●持ち物はペンとスクリプト用紙と、体育教師が持っているような下敷きバインダー。
●とりあえずモテル。現場(というか製作スタッフ)は基本的に男だらけだから。
 チヤホヤされることうけあい!
●でも実際に可愛らしい人が多い……気がする。
スポンサーサイト

テーマ:自主制作
ジャンル:映画

コメントの投稿

secret

top↑

comment

ごめんなさい

今思うと、刀の向きとか、お化粧とか、前のカットとポーズが違うかも…とか、いろいろ不安があります(泣)
俳優学校時代から、よく及川先生やスプリクターさんに注意をされまくってたのを思い出します。

気を付けなきゃ…(汗)

いやいや、これらは本来製作側が留意すべき点であり、
役者さんらが負い目を感じる必要はありませぬ。
・・・・・・と言いつつ、「意識してみて下さいたのんますお願いします」
という懇願です。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

近況

いわき市『非』公認のご当地ヒーロー映画『磐城七浜 ワダツミセブン』第4話制作開始。(2017年1月)

プロフィール

KAZAMI/羽賀慎一郎

Author:KAZAMI/羽賀慎一郎
風見映像スタジオ代表。
いわき市非公認ご当地ヒーロー映画『磐城七浜ワダツミセブン』監督・脚本・編集・プロデューサー。

福島いわきを拠点とし、市民参加型映画製作をしています。
人の生理に訴えかけられるような作品づくりが目標です。作品を通して、観て頂いた方々に、正のものであれ負のものであれ、何らかのEMOTIONを喚起できれば幸いです。

■いわき市非公認ヒーロー映画「磐城七浜ワダツミセブン」過去作品動画まとめページは<こちら>
ワダツミセブン公式サイトは<こちら>

■第2回いわきぼうけん映画祭実行委員会製作作品『R』、2013年2月完成。
まとめページは<こちら>

■2011年製作 自主映画『白薔薇が紅に染まるまで』まとめページは<こちら>
動画まとめページは<こちら>

■風見映像スタジオは『いわきぼうけん映画祭』を熱烈に応援しています。
<いわきぼうけん映画祭公式サイト>

■香盤表・ロケスケのテンプレのダウンロードは<こちら>

■コンタクトは下記メールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード