071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映像全般】オタクかもしれない…。

私は『映画オタク』のつもりは全くないんですよ。
「199X年のなんとか監督の○○って作品の××のシーンがいいよねー」
とかフラれても、ハイ?状態です。
では『映画製作オタク』か、と言われれば、腕を組んで「そうかもしれない・・・」
と思い当たるフシは多少ある、といった程度(の自覚)です。

が、この鼓動の高鳴りは、もしかすると自分は映画製作オタクかもしれぬ、
というMAYBEが確信に変わった日、それが今日。

ミキサーを買ったんですよ。
何だろう…注文から届くまで、クリスマスイブイブのようなワクワク感。
こんなの、ゾイドのデスザウラーを頼んだ小2の12月23日以来だ。

で技術的な話。
これまでは ガンマイク→カメラ の直繋ぎだったんですよ。
だから、入力音声のリミットがない。カメラ側での設定のみ。
するとどうなるかというと、メーター振り切れる(音が割れる)のを恐れて、
異様に小さいレベル設定で音を録る事になります。
そうすると、どうなるか。
ささやき(音量極小)と怒号(音量極大)が混在するシーンでは、
怒号(音でっかい方)に合わせてレベルを設定するので、
ささやき(音小さい方)がものっすごく聞こえなくなる・・・
という非常に耳に優しくない音が録れることに。

が、マイク→カメラ間にミキサーをかますとどうなるか。

マイク→ミキサー この時点で音量のMAXレベルを設定できます。
するとカメラ側にOUTされた音は、
ミキサーで設定した音量以上のレベルでは入ってこない、
つまり音が割れる危険性がない、ということは、ささやきと怒号が混在するようなカットでも、
音割れを恐れてやたら入力レベルを下げる必要がない。
こりゃーうちの現場的にはレボリューションですよ!

これがそのミキサー。「ポータブルミキサー」ってだけあって小さいです。
KC3D0251.jpg

ちなみに、ミキサーをかますことによっての、音量調整以外の利点としては、
マイクマンが自分が拾ってる音を確認できる、というのがあります。
当然と言えば当然の話なんですが…。
すると、自分が向けてるマイクの向き・位置でちゃんと音が拾えてるか、
マイクの接触やブーム振ったときの「コリ」音が鳴っていないか、等が確認できます。
これまでのマイク→カメラ直入力だと、確認できるのはカメラやってる私だけだったので、
これはマイクマンにとっても私にとってもワンダフル。
KC3D0252.jpg

で今回の装備増強により、
ただマイクだけ構えていたマイクマンが、現場ではこうなる!(戦国武将のイメージで)
※実際にはこんなポーズはしません。
※でもやってくれると一瞬現場が和みます、多分。
KC3D0253.jpg

弁慶っぽいかもしれない(ブーム的に。ミキサーなくてもそうだけど…)。
これからはうちの現場でのマイクマンは『弁慶』で決まりですね。
「ちょっと今日助監足りてないから、
お手すきの役者さんどなたか弁慶やってもらえませんか?」と。
弁慶が嫌だ? なら関羽でもいいですよ。
スポンサーサイト

テーマ:自主制作
ジャンル:映画

コメントの投稿

secret

top↑

comment

アタシですか?(笑)>関羽

弁慶第一候補ですけど何か?


弁慶………なんかカッコイイんすけど

かっけぇ・・・

なんかマイクマンがかっこよく見える(聞こえる)な。。。
ビバ!弁慶!

カメラ側の入力設定は今まで通りマニュアルの方がいいですよ。
予算が許せば(現場での収録条件も含めて)、
1ch/大声用
2ch/ささやき用
という感じで割り振ってミックスした音をカメラに送るといいですね。

ねぇ、関羽って書いてなんて読むの(((・・;)?

関羽(かんう)

赤壁の戦い……
いやいやいや……

なんかなぎ倒しちゃいそうな装備ですね

あれ、書き込んだつもりが書き込んでなかった。
レス遅れて申し訳ありません。

>すみしゃま

思わぬところからツッコミが!
いや、多分なんですけど、すみしゃまも似合うと思うんですよきっと。

>ごっちくん

権太も死んだことにしてずっとマイク専とか?

>巴さん

装備が重くなればなるほど機動性が失われ・・・
とか言ってるとガンダム改造してるみたいですね。

>fukudaさん

度々アドバイスありがとうございます。
ワイヤレスが2セット(会社に)あるので、
その方法も試してみようと思います。

>真琴サン

その昔すみさまはね、ミニスカのs・・・おっと、
これ以上は私の口からはなんとも・・・。

>ガクくん

カメラも担ぐとバズーカとか銃器っぽいけど、
これは槍とか長刀系っぽいですね。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

近況

いわき市『非』公認のご当地ヒーロー映画『磐城七浜 ワダツミセブン』第4話制作開始。(2017年1月)

プロフィール

KAZAMI/羽賀慎一郎

Author:KAZAMI/羽賀慎一郎
風見映像スタジオ代表。
いわき市非公認ご当地ヒーロー映画『磐城七浜ワダツミセブン』監督・脚本・編集・プロデューサー。

福島いわきを拠点とし、市民参加型映画製作をしています。
人の生理に訴えかけられるような作品づくりが目標です。作品を通して、観て頂いた方々に、正のものであれ負のものであれ、何らかのEMOTIONを喚起できれば幸いです。

■いわき市非公認ヒーロー映画「磐城七浜ワダツミセブン」過去作品動画まとめページは<こちら>
ワダツミセブン公式サイトは<こちら>

■第2回いわきぼうけん映画祭実行委員会製作作品『R』、2013年2月完成。
まとめページは<こちら>

■2011年製作 自主映画『白薔薇が紅に染まるまで』まとめページは<こちら>
動画まとめページは<こちら>

■風見映像スタジオは『いわきぼうけん映画祭』を熱烈に応援しています。
<いわきぼうけん映画祭公式サイト>

■香盤表・ロケスケのテンプレのダウンロードは<こちら>

■コンタクトは下記メールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。