0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映像】自主ならばノーギャラは許されるのか

自主映画ならノーギャラで許されるのか。
非営利で儲けを考えていない趣味の映画ならば、ノーギャラは許されるのか。

私は今まで、自主映画というものは、
共通の趣味・興味をもって一つのものを製作する、お祭りのようなものだと思ってきました。
私との個人的なつながりのある友人へ、
あるいは映画というものに興味がある方々へ、
出演・スケジュール確保等お願いしてきました。
といっても、『友達の友達』のような、初見に近い方々も多数いる。
そんな関係の皆さんに、「商売でなく趣味の域なんだけど出演してもらえる?」
と、相手の善意に頼ってきました。

でもそれは甘えだったのかもしれないと思う最近。

出演者にしてみれば、私の映画が非営利だとか儲け考えてないとか趣味だとか、
そんなことはどうでもいい話で、
芝居の素人だとか芸能事務所所属だとかそんなもんに関わらず、
いい大人が一日拘束されてノーギャラとかありえないんじゃないか。
出演者が撮影日にバイト入れたら、軽く1万とか、人によっちゃウン万稼げるわけで。

もう学生時代のような、人の善意に甘えるだけの製作スタイルは
いい大人がやっちゃいけない事なのかもしれない。
私の趣味の為に時間とって『付き合ってもらっている』んだから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

ノーギャラでいいんじゃないでしょうかねぇ。
出演者がそれで了解していてばいいことです。
「ギャラが無い」と不満を言うくらいなら、最初からやらないと思います。

コメントありがとうございます。

…ロケドタキャンさせたりしちゃうと、スケ空けてくれた他の役者スタッフに申し訳なくて、なんだかネガな妄想にとりつかれます。実は自分は精神的にかなり打たれ弱いなぁとか今更思ったり。

ギャラ出すと言っても、多分半分くらいは受け取ってくれないんじゃないかと思いますが、それ以外にどんな謝罪の方法があるのか悩みます。

>もう学生時代のような、人の善意に甘えるだけの製作スタイルは
いい大人がやっちゃいけない事なのかもしれない。

って大手さんは平気でやってるんだよね~
「6時間後・・・」のとき急遽集められたエキストラさんにインタビュー協会から派遣された人はキッチリギャラいただけますが
それいがいの急遽集合組みは交通費込みで3000円貰える筈・・・程度の認識で参加、俺も元に請求出さなきゃそれっきり
そんな状況だそうです。
なにせお金が無いが口癖の映像業界、どんな仕事の仕方が正しいなんて明確なルールも無いから有象無象が蔓延る
悲しいことに・・・・・

ギャラに関しては貴殿の気持ちだけで我々は十分です
たとへノーギャラでも俺達は今回の作品手伝うよ

心意気!!

我々の合言葉だがんね(*^^)v

Re: タイトルなし

遅レス申し訳ありません。

> なにせお金が無いが口癖の映像業界、どんな仕事の仕方が正しいなんて明確なルールも無いから有象無象が蔓延る
> 悲しいことに・・・・・

資金的な面で言えば、自主だってそのへんのVシネマレベルの制作費は集められるわけですが(300万とか)、商業作品と自主映画の、制作過程での線引きがよくわからなくなってきました。

> ギャラに関しては貴殿の気持ちだけで我々は十分です
> たとへノーギャラでも俺達は今回の作品手伝うよ

そうした言葉を頂けるのは非常にありがたいです。
しかし、「人の気持ちは裏切るけど、金は裏切らない」とか頭に浮かんじゃったあたり、私ちょいと病んでますねコレ…。

元気出して生きます。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

近況

いわき市『非』公認のご当地ヒーロー映画『磐城七浜 ワダツミセブン』第4話制作開始。(2017年1月)

プロフィール

KAZAMI/羽賀慎一郎

Author:KAZAMI/羽賀慎一郎
風見映像スタジオ代表。
いわき市非公認ご当地ヒーロー映画『磐城七浜ワダツミセブン』監督・脚本・編集・プロデューサー。

福島いわきを拠点とし、市民参加型映画製作をしています。
人の生理に訴えかけられるような作品づくりが目標です。作品を通して、観て頂いた方々に、正のものであれ負のものであれ、何らかのEMOTIONを喚起できれば幸いです。

■いわき市非公認ヒーロー映画「磐城七浜ワダツミセブン」過去作品動画まとめページは<こちら>
ワダツミセブン公式サイトは<こちら>

■第2回いわきぼうけん映画祭実行委員会製作作品『R』、2013年2月完成。
まとめページは<こちら>

■2011年製作 自主映画『白薔薇が紅に染まるまで』まとめページは<こちら>
動画まとめページは<こちら>

■風見映像スタジオは『いわきぼうけん映画祭』を熱烈に応援しています。
<いわきぼうけん映画祭公式サイト>

■香盤表・ロケスケのテンプレのダウンロードは<こちら>

■コンタクトは下記メールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。