0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ロケ】6/21 いわき水石山

「カラオケで何を歌おうか・・・(周囲のレベルが高そうなので)何なら歌えるかって、
そればっか考えてた(M子役 ♀ 26歳)」

役者らをそう思わしめた一昨日のいわき・水石山ロケ。
役者一人目を都内へ迎えに行っている途中から雨が降り出し、
その勢いは徐々に勢いを増し、役者全員を連れいわきに到着した午前6時、大雨。

「雨の確率なんか20%変わりました! (上がってるのか下がってるのかは口に出来ず)
K之助役 ♂ 26歳」
「雨の確率100%なんだけど。午後6時くらいからやっと70%だって(G太役 ♂ 28歳)」
「大雨、洪水、濃霧、波浪って4つも注意報出てるわよ~。 (Cの母役 ♀ 50代)」

……マズイ、これは非常にマズイ。
わざわざ東京から来てもらってるのに、何も撮影できず・・・というのは非常に忍びない。
せっかく合致したスケジュールをいわき観光で終わらせるわけにはいかない。
雨やまなかったらカラオケ…でもするのか…?

私もろくな指針を打ち出せず、正午まで様子見の待機・フリータイムへ突入。
皆思い思いの時を過ごします。
東京組は徹夜で来ているので、眠りの淵へ落ちるメンバーも。
私もどこかに希望を捨てきれずにいるものの、やはり気分はどうしても「お流れ」の方向へ…。

そして正午。
弁当の手配をして下さっていた-本来なら水石山山頂でピクニック風味に食べる予定だった-野武士役兼エキストラの大ボスが、私の実家へ参上。
客観的に見て「だべっている」状態の私らに。

「今ここで雨降ってるからって、現場も見ねーで何グダグダしてるんだこのボケナスどもが!」
「!!」
(セリフ回し的にやや誇張あり。が、ガツンとそれぐらいの衝撃を受けたことは事実)

……そうですよ、何をのんきにUNOなんかやっているんだ俺は。
大富豪がなんだ階段ルールってなんだ久々にやるトランプはルールがわからないぜ。
そもそもトランプってローカルルールが満載でよくわからなくなるし。
……とか言ってる場合じゃないですよ。
撮影ダメでも現地リハなりなんなり、出来ることはささやかながら色々あるじゃないか。


そしていざ現地に着き、ロケ場所を確認。
役者らもそこでイメージを膨らませている様子。

すると。

アレ。

……マジですか?

霧雨も霧雨、大分弱いミストサウナ…レベルまで弱まっている?
光量も徐々に上がっているような……。

誇らしげに語るいわきEX大ボス。

「フッ、見たか。俺が参加するロケに天気NGはねぇんだよ…」
(セリフ回し的にやや誇張あり。が、それほどキラっとかっこよく見えたのは事実)

うっしゃ、いけるか? いけるね? いきますよ!

二度と狙ってつくれない天候でのロケです。
マイク入力OK? ミキサー動いてる? テープ頭30秒回しOK?
ウッカリミスは許されませんよ!

■S7 すみ対清十郎
77.jpg
清十郎「すみ! 今日こそはあなたに…!」
すみ「ハ? 何様? 呼び捨てにしないでくんない?」

■オープニング用
opp.jpg
誰かに呼ばれた気がして振り返ってみる。
S7まで主役が出てこないという、映画の定石の一つを完全無視してしまった今作品の、
『ヒロイン主張』カット。

■S50 すみの旅立ち
s501.jpg
村があるであろう山間を臨むすみ。
以前の日記に書いた、富山ロケの代替箇所です。
・・・ウン、こっちのほうがヨカッタ。


非常に不安要素が渦巻く現場で、フレキシブルに動いてくれた役者スタッフの皆さんと、
浮ついた私に一喝を下さったEX大ボスに、この日の霧よりも深い感謝を。
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

あの天気はびっくりでした。

山の天気は本当にわからないですね!

三枚目の写真、「あ、こういうバックか~」と、しみじみでした(意味深)

監督、ドライブ八時間お疲れ様でした!

監督お疲れ様でした
本当に山のお天気って解りませんね…あの手の返しようにびっくりでした(笑)

雲海すごーい
ヒロインカット…こっぱずかしい(´д`)

お二人ともお疲れ様でした~。

>がくさん

とりあえずラストシーンは出し惜しみでしょう!
時間の経過とともに霧の具合も微妙に変化し、
更なるファンタジーな風景が広がっていますよ。

>すみしゃま

「女心と山の空」とはよく言ったもので・・・ハイ言いませんね、
見事な手のひら返しでしたね。
信乃ナレも入ったところで、OPも完成に近づきつつあります。
あのスマイルで、しょっぱなからお客さんを惹きつけますよ!

いや~まったく

今回の美術動員は疲れました~~~

なんとも金を積んでもなかなかオフファーに答えてくれない美術プロダクションだったんで

みんなの思いに答えてくれよって泣き落としでなんとかオファー受けていただけました

さすが、ハリウッドも敵わない噂どおりの美術

あのスモークと雲海には涙が出たよ~

世界最高の美術プロダクション「自然」に感謝!!!

どうやら、これからも協力したいそうですぜ!!(*^^)v



いやーまったく、今回の「自然」には本当に参りました。
今日一日しかこの現場作れないから!
ってのはかなりのプレッシャーでした。
また協力をお願いしたいところです(笑

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

近況

いわき市『非』公認のご当地ヒーロー映画『磐城七浜 ワダツミセブン』第4話制作開始。(2017年1月)

プロフィール

KAZAMI/羽賀慎一郎

Author:KAZAMI/羽賀慎一郎
風見映像スタジオ代表。
いわき市非公認ご当地ヒーロー映画『磐城七浜ワダツミセブン』監督・脚本・編集・プロデューサー。

福島いわきを拠点とし、市民参加型映画製作をしています。
人の生理に訴えかけられるような作品づくりが目標です。作品を通して、観て頂いた方々に、正のものであれ負のものであれ、何らかのEMOTIONを喚起できれば幸いです。

■いわき市非公認ヒーロー映画「磐城七浜ワダツミセブン」過去作品動画まとめページは<こちら>
ワダツミセブン公式サイトは<こちら>

■第2回いわきぼうけん映画祭実行委員会製作作品『R』、2013年2月完成。
まとめページは<こちら>

■2011年製作 自主映画『白薔薇が紅に染まるまで』まとめページは<こちら>
動画まとめページは<こちら>

■風見映像スタジオは『いわきぼうけん映画祭』を熱烈に応援しています。
<いわきぼうけん映画祭公式サイト>

■香盤表・ロケスケのテンプレのダウンロードは<こちら>

■コンタクトは下記メールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。