1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【TIPS】演技のしょほのしょほ①音読を超えろ 空間を把握せよ

「市民参加型」映画制作を標榜する我らがワダツミセブンですが、
演技未経験の方が多数出演されます。
そこで、映画制作サイドから見た、役者さんの実践的TIPS、しょほのしょほ、をお送りします。
言ってみれば、これだけはやっておいて欲しい、という制作サイドからのお願いでもあります。

①音読を超えろ 空間を把握せよ
演技とは何かと考えたときに、「その役の気持ちになって芝居すればいいんでしょ?」となるのは当然のこととして。
じゃあその「芝居」って何なのか、と考えたときに、初心者の方が陥りやすいのが「自分のセリフだけ言えれば任務達成!」なのですね。

初心者の方は、「自分の芝居=自分のセリフ」と考えがちです。
となると、転じて「リアクションができない」、「自然な所作が生まれない」。

これは舞台を経験した方はさも当然のごとくクリアしている点なのですが、舞台では自分が登場しているシーンは常にお客さんに見られています。
どんな端役だろうが、そのシーンでセリフがなかろうが、舞台に立っている以上、常に、どの瞬間もお客さんを意識して演技しています。
他人のセリフに驚いたり悲しんだり笑ったり、いちいちリアクションをします。それが生きている人間ですから。

映画は、カメラの画角により、相手がセリフを言っているときは自分はカメラに背中しか写っていなかったり、あるいは全く写っていない場合もあります。
しかし、そこでも芝居してください。基本、その場にいる出演者は全て見られていると思ってください。写っていると思ってください。
そうすると、自分がセリフを言っていないときも、自分が何をするべきか、見えてきますよね。

つまりは、まず脚本を渡された段階で「音読」するのが問題なのです。
いや音読が問題なわけではなく、音読でセリフ覚えて満足するのが間違いなのです。

わかります。わかりますよ。
セリフ覚えるのだって結構な労力使うでしょうし、ちょっとした長ゼリフをソラで言えたものなら、頑張った感・充足感に包まれて、そりゃもういっぱしの役者気取りもしたくなるでしょうよ。

甘い。
ソウ・スウィート。
胸焼けします。

空間を意識してください。そのシーンの場所と相手を意識してください。
そうするとどうなるかというと、
・リアクションが生まれます。「あ、コイツ次の自分のセリフ待ってるわ」という謎の間がなくなります。
・自然な所作が出てきます。セリフを言う時棒立ちなんてことがなくなります。
・より感情がノッてきます。
結果、いい芝居になります。

さて、以上、音読の粋を超え空間を意識する。
是非やってみてくださいね。
これだけで、画面の中の人間らしさが200%くらいアップします。

【観劇】音楽劇 あらしのよるに

涙腺決壊率90%いきました。
久々に心動かされ、そして洗われました。

チームスマイル・いわきPIT主催、「音楽劇 あらしのよるに」観劇。
既に相当知られたお話ですが一言で言うと、あらしのよるに、暗闇の中で出会ったヤギとオオカミが育む、異種間の友情を描いた作品・・・・・・のミュージカル版です。

※アニメ映画版のみ既に見ている状態での観劇。

■もはやラブストーリー
ヤギのメイとオオカミのガブは映画では男同士で、映画版は彼らの友情を描いた物語でした。
ガブはヤンチャな劣等生オオカミ。メイは、ザ・草食系のなよっとしたふんわりヤギ。
このメイのキャラクター設定・声の演技が、平和的すぎるお子様向けの童話的世界というか、悪い言い方をすれば軽くホモっぽいくらいの気持ち悪さでした。

が、今回の音楽劇は、性別の設定こそ明確にされていないものの、ミュージカルということで「人間」が演じることで性別付けがされています。
これはミュージカルという性質上、ソプラノとテノールのツートップということで男女になっただけかもしれませんが、この配役が効果絶大。
ヤギとオオカミの異種間の友情・食うか食われるかの関係が、途中からラブストーリーにも見えてくるのです。
仲間からは互いに「アイツとは会うな」と警告されながらも友人に会いに行く姿は、もはや動物版ロミオとジュリエットと言っても過言ではありません。
劇中には特に愛を語るセリフも行動もありませんが、そう見えてくるのです。
それは、ガブ役のテノール・山際隼人さんの無骨&不器用っぽいキャラクターと、メイ役のソプラノ・又吉佑美さんの朗らかさと愛くるしさ、によるものでしょう。


■キャスティングの妙
メイとガブのはまり具合と(狙ったかどうか知りませんが)ラブストーリー効果は前述しましたが、脇を固めるちょい役もハマっています。
メイの仲間のヤギたち・・・・・・牧歌的ないい人ばかり揃えたなぁ。全員演者は女性。
ガブの仲間のオオカミたち・・・・・・随分と凶悪な面構えの陰鬱な人ばかり揃えたなぁ。全員男性。
この演者の女性オンリー・男性オンリーの分け方もよかったですね。
これもメイ・ガブの関係にラブストーリー要素を想起させる一因となっています。


■ミュージカルですから
もちろんミュージカルですから、ここぞとばかりにシーンを盛り上げるのは歌。
映画などだと「説明台詞」と揶揄されてしまうものも、歌に乗せるとあら不思議、すっと心に入ってきます。
しかも自分で自分の心象を歌うものだから、よりストレートに気持ちが伝わってくるんですね。
主役お2人の歌もさることながら、その背後を支える合唱団の歌も重厚感溢れています。
随所に挿入されるアカペラおっさんカルテットもコミカルでとてもよいスパイスに。


演出やメインキャストはいわき市民・出身者で構成された音楽劇「あらしのよるに」。
これは子供から大人までオススメします。
明日8/16、14時から千秋楽です。是非お見逃しなく!

■8/16(日) 14時~
場所:いわきPIT いわき駅前からヨーカドーを越えて陸橋くぐってすぐ
料金:大人2,000円 高校生以下1,000円

18029_1477754942517392_5408103815472395428_n.jpg

11692641_1477754955850724_6225906609311762390_n.jpg

ワダツミ1・2話上映会終了&御礼

7/19~21の、計5回にわたる上映会が終了しました。
イベント盛りだくさん、かつ外に出るだけでも相当な思い切りのいる暑い時期でしたが、皆様ご来場誠にありがとうございました。
2日目・3日目は席にゆとりがあったものの、初回の満席具合には感動しましたね。

会場挨拶でも申し上げましたが、「磐城七浜ワダツミセブン」は、第1話はポレポレ映画祭のショートムービーコンペに出品し、そこで上映されたものの、一般向けの上映は行っていませんでした。
ですので、第2話が完成を期に、1・2話通しで上映、という形をとりました。
既に1話をご覧になっていた方もいらっしゃるとは思いますが、通しで観るとまた「シリーズもののドラマ」として面白い見方ができたのではないかと思います。

お客さんの中には、劇中にちょい役やエキストラで出演いただいた方もいらっしゃいましたが、やはりスクリーンに映った自分の姿を見て、笑っちゃったり気恥ずかしかったりと、各々楽しんでいただけたようです。
「いわき市民を映画に巻き込んじゃう計画」は着実に成果をあげていると実感します。

今後の予定です。

■2話DVD
8月中旬頃から、インターネットショップ「ブンズ色の店」、ポレポレいわき等市内各所で販売

■2話YouTube公開
3話完成時(年末?)、となります。
公開の時期ですが、その次の回が完成・上映した後、にすることにしました。
というわけでこの2話完成・上映終了のタイミングで、前作1話をアップしました。



■3話
製作開始です。今日から。
舞台となる第3の浜は「薄磯」。
夏の間にクランクインといきたいところですが、2話の準備期間を鑑みるに、ちょいと厳しいか?
目標としては8月中に脚本とキャスティングを終え、9月からクランクインしたいところです。
そして年内完成目標です。


と、色々と書きたいことがありすぎてまとまりませんが最後に。

改めて上映会にご来場頂いた皆様、ありがとうございました。
皆様から頂いた投げ銭は、3話の製作費として活用させていただきます。
特にエキストラなど出演者、またロケ地などでご協力頂いた皆様については、逆にこちらがギャラ払わなければならないところなのになんとお礼を申し上げてよいやら・・・・・・。
その期待をプレッシャーとし、次回も気を引き締めてまいります。

そして、ポスター・チラシの貼付などでご協力いただいた皆様、新聞だったりネットだったりで記事にしてくださった各メディアの皆様、はたまた個人レベルで口コミ・拡散してくださった皆様、ありがとうございました。

あ、それと忘れてはいけないのが、今回の上映会場であるもりたか屋さんの協力的なこと!
上映最終日には「平日だしこれは集客やべーわ」とうなだれていたところ、一緒にチラシ配ってくれたりしちゃって、こんなハートフルな会場他にないよ!

さて、このような調子で次回作に向けて邁進していきます。
今後もキャストの募集など随時告知していきますので、是非またご協力頂けたら嬉しいです。
「映画は観るのも楽しいが、つくる(出演する)のも楽しい」。


最後に、スタッフ・出演者のやろうども。今はまだ飯とか酒ご馳走するくらいしかできないけど。
わたし不器用でうぶですからこんな言い方しかできませんが、サンキュー次回もよろしく頼むぜ。


■オマケ
・上映最終日、敬愛する鈴木太一監督(「クソガキの告白」)に倣ってサンドウィッチマンをやってみるものの、浮きまくってくじけそうな羽賀
「下北沢とか、あるいは荻窪とか中央線沿線とかなら浮かないのに! いわきの風つめてえわ!」
IMG_3411.jpg


・投げ銭回収人「ザルボ-イ」
※写真用に表情つくってます。本当はちゃんと姿勢を正してきちんと対応しています。
10433004_1605261966414231_899726592015171726_n.jpg

【ワダツミ2話上映会】スケジュール&会場

磐城七浜ワダツミセブン 第2話 桃色ビッチのトゥルーラブストーリー、
上映会日程出ました。
7/19~21、いわき駅前・アートスペースもりたか屋さんをお借りして上映します。
1話・2話通しの2本立て90分で上映します。

■日時
7/19(日)19:00~20:30
7/20(月)15:00~16:30、19:00~20:30
7/21(火)15:00~16:30、19:00~20:30

■場所
アートスペースもりたか屋
いわき市平字三町目34 もりたか屋2階

入り口がちょっとわかりにくいかもしれませんが、『LATOVお客さん用駐車場出入り口の真向かい』です。

■料金
入場料は、なんと安心の『投げ銭制』!!
普段の買い物でも、パッケージに騙された、人の評判に騙された、買って後悔した、そんな経験があるじゃないですか。
しかし『投げ銭制』は違う!
この映画がつまんなかったら無言でそそくさと立ち去っていいのです。
逆に、面白いとか次が見たいと思って頂けたら、適当な金額をカゴに入れてもらえればいいってえ寸法ですよ。
試される上映会とでもいいましょうか。
皆様のウソ偽りのない本当の評価が突きつけられる、と。
スリリングですね。

では、皆様のご来場、三つ指着いてお待ちしております。

■2話予告編

予告編制作:坂本博紀


■ポスター、フライヤ
2話上映会フライヤ-01
swadatumi_A2poster-01.jpg


■もりたか屋さん
10984984_1596830627257365_471541979128836304_n.jpg

ワダツミセブンフェイスブックページは<こちら>

ワダツミ2話定期まとめ

ブログ、フェイスブック、ツイッター、ホームページ、クラウドファンディングなどなど、
最近は更新するものが多くて(で手が回らなくて)、こちらで更新するのはご無沙汰です。
現在制作中の「磐城七浜ワダツミセブン」第2話の制作の様子は、
主にフェイスブックページで更新しています。
<ワダツミセブン FBページ>


第2話の進捗ですが、ロケが残すところ1日2シーン。
編集は既に残シーン以外は全て終わっています。
ですので、あとは2シーン入れて音楽入れたら完成、と。
上映会は7月末に3~4日くらいはやりたいところですが、会場どこにしようかな。


【定期まとめ】
第2話制作中。
7月末上映会、8月DVD販売、10月YouTube配信予定。
※1ヶ月ずれ込みました。ご期待頂いた方にはお待たせして大変申し訳ありません。

■第1話予告編
https://youtu.be/yCqz2Tt7mq8
■主題歌「Boot Bad Say!!」
https://youtu.be/_6Jnt-kwxpk
■第1話DVD販売
・ヤフーショッピング「ブンズ色の店」
http://store.shopping.yahoo.co.jp/4bff66xnxjm57ecn3j25tvah…/
・ポレポレいわき売店
・アリオス パークサイドマーケット(いわき芸術文化交流館アリオス1階)
・ジョイ勿来海岸店
■制作費カンパのおねがい
クラウドファンディング KickOFF福島
http://www.kickoffjapan.com/fukushi…/project/s/project_id/60

■勿来の関で屋外ウェディングシーン
エキストラのご協力、誠にありがとうございました。
シーケンス 01Still009
シーケンス 01Still012

■天界シーン
神と秘書の掛け合いにまた磨きがかかっています。
シーケンス 02Still011
リミッタタイムコードStill001

■今回は勿来が舞台
シーケンス 02Still015

■カトリックいわき教会で結婚式シーン
「ヒーローを立たせるには魅力的な悪役を描く」というのに今回は特に力を入れましたが、
力を入れすぎて主役を食っているともっぱらの評判に。
こちらもエキストラの皆様、ありがとうございました。
シーケンス 01Still049

近況

いわき市『非』公認のご当地ヒーロー映画『磐城七浜 ワダツミセブン』第4話制作開始。(2017年1月)

プロフィール

KAZAMI/羽賀慎一郎

Author:KAZAMI/羽賀慎一郎
風見映像スタジオ代表。
いわき市非公認ご当地ヒーロー映画『磐城七浜ワダツミセブン』監督・脚本・編集・プロデューサー。

福島いわきを拠点とし、市民参加型映画製作をしています。
人の生理に訴えかけられるような作品づくりが目標です。作品を通して、観て頂いた方々に、正のものであれ負のものであれ、何らかのEMOTIONを喚起できれば幸いです。

■いわき市非公認ヒーロー映画「磐城七浜ワダツミセブン」過去作品動画まとめページは<こちら>
ワダツミセブン公式サイトは<こちら>

■第2回いわきぼうけん映画祭実行委員会製作作品『R』、2013年2月完成。
まとめページは<こちら>

■2011年製作 自主映画『白薔薇が紅に染まるまで』まとめページは<こちら>
動画まとめページは<こちら>

■風見映像スタジオは『いわきぼうけん映画祭』を熱烈に応援しています。
<いわきぼうけん映画祭公式サイト>

■香盤表・ロケスケのテンプレのダウンロードは<こちら>

■コンタクトは下記メールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。